スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃屋のラー油。
 「食べるラー油」ブームのきっかけになった、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。
 福井にもありましたよ。

 全国的に品薄状態が長いこと続いたラー油。今までお目にかかったことはなかったけれど、今日福井県内の某ユースで何となくラー油の棚を眺めてみたら、普通に棚に並んでた。

 中身はフライドガーリックにフライドオニオンと、いわゆる"食べるラー油"としては非常にオーソドックスな構成(ブームの発祥ですしね)。

 フタを空けてみると、ラー油っぽい刺激的な香りは全然しない。代わりに何か香ばしい旨味たっぷりの香りがしてきて、食欲を誘う。"ごはんですよ"に通じる、いかにもご飯にかけてみたくなるような吸引力がある。

 早速ごはんに乗せて食べてみた。
 …なるほど。これは旨い。

 評判通り、やさしい味。
 万人に受ける、オーソドックスな旨さ。

 やるなあ桃屋。

スポンサーサイト
トン・コープマン オルガン&チェンバロリサイタル(2010.11.13 ハーモニーホールふくい)
 いやー、昨日のコープマンのリサイタルは本当に堪能できた。

 こういう個性のある演奏家の場合、ライヴになると日によってどうしてもムラがあるんだろなと思われるんだが、この日のコープマンは随分調子が良かったと思う。

›› 続きを読む
早速、再オープン後のシェ・クープルに行ってきた。
シェ・クープル(石川県野々市町) 2007年3月の閉店以来の再オープン。
 早速、シェ・クープルに行ってオムレツライスを食べてきましたよ。

 お店の外観。入口にメニューの黒板が置いてあるだけの、さっぱりとしたお店。
 知らないと、何のお店だか分かりません(笑)

 外観も内装も、前のお店よりちょっとシンプルになって、少々オトナ向けという雰囲気。北欧風味というか現代アート志向というか。今時のカフェっぽくなった。

シェ・クープル オムレツライス 「若鶏ときのこのクリーム煮込み添えオムレツライス」を注文。

 記憶に残るこの姿・この味。
 以前と変わりない光景。
 さわるとふるふると揺れる触覚面の快楽まで変わっていない。

 再びお目にかかれるとは。懐かしい。文句なく美味いです。
 あ、そうそう。コーヒーも相当美味かった。カフェとしても使い良さそう。

 石川県石川郡野々市町位川273 KSビル1F
 営業時間等は、お店のブログ「たまごのゆめ」参照。
 今のところ、平日も土日祝も営業と書いてある。

›› 続きを読む
オムレツライスの"シェ・クープル"(石川県)が再オープン
ただただ、うれしい。
このお店の復活の情報を見て、書きたいのはこの一言に尽きる。

 実は、今年の春くらいから「シェ・クープル」で検索してこのブログに来られる方がちらほらと出始めていて。もしや…と思ってちょくちょくチェックを入れてはいたんだけれど。
 改めて調べてみたら、お店のブログがもうできていた。

 11月13日(土)に再オープンするみたい。
 場所は、金沢市内から野々市町にちょっと引っ越した模様。
 メニューも閉店前のあの時のまま。懐かしくて涙が出た。

 オムレツライスでこれ以上の完成度のものには、今でもお目にかかったことはない。
 まだ食べたことがない方は、この機会に是非。
 福井からでもわざわざ食べに行く価値がある。

以前に書いた「シェ・クープル」の記事


| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。