スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラダにやさしいラーメンを、福井で探してみました。
 最近どうもね。天下一品のラーメンがうまく消化できなくなってきて…。どうも好みがお腹にやさしい食べ物にほうに動いてる…。体だけの話ではなくて、時代の流れがそうさせているような気もせんではないが…

 というわけで、最近福井近辺でラーメン屋さんにいった中でこれはと感じたラーメンをいくつかピックアップ。無化調(化学調味料無し)かどうかは分からない部分が多いけれど、一応これらはいずれもそういう方向性のラーメンでもある。もちろん無化調なのが大事なのではなく、一番大切なのは味。それとお店の雰囲気が個人的に好きかどうか、という辺り。そういうポイントは抑えたつもり。

ラーメン市野々(福井市)特製中華そばラーメン市野々(福井市)の
特製中華そば。

 お店の看板はいかにも脂ぎったギトギトのラーメンが出そうな雰囲気なんだが、看板のイメージとは真逆の、ナチュラルな旨みにあふれた、お腹にやさしい透明なスープの醤油ラーメン。食べた後はおなかがにっこり、とても幸せな気分になる。
 スープの旨みも十分に出ており「ナチュラルな食材使ってます」というのに寄っかかっている感じは見られない。個人的には、かつての鯖江の丸木屋が超えられなかった壁を超えたのではないかとも思っている。
 なお正直に感じたままを言うが、特製中華そばが非常に良いので塩ラーメンや豚骨ラーメンなども頼んでみたりもしたのだが、特製中華そば以外の完成度はかなり微妙(詳しくは言わないけれど)。なぜか「特製中華そば」だけ突出して完成度が高い。看板のイメージで、最初にトンコツ頼んじゃうひとも多いだろな…。このお店、そういう所が何か本当に気の毒なんだよな…以前の「どん底」時代の味のイメージがあって入りづらいって話もいまだに聞いたりするし。

ラーメンうえだ(福井県坂井市)とんこつ塩ラーメンうえだ(坂井市)の
とんこつ塩。
※写真は「味付け玉子」を追加でトッピング。

「トンコツが"おなかにやさしい"だと?」信じない人がいても無理はなさそうだ。
しかしだ。このラーメンを食べた後の食後感。これもおなかが喜んでいる…

 それも納得。URALAの食べ歩きの本の解説をみると、このお店「化学調味料不使用」ってちゃんと書いてあるんだよ。それに長時間煮込んだゲンコツ。材料は日々研究されるだろうから今でも無化調かは自身を持っては言えないが、そういう方向性の味なのは確か。百聞は一見に如かず。一度食べてみるのが一番だ。なお、調味料の棚にドンと準備されているすりおろした白ゴマをかけると、オーガニック度が増した別種の世界が味わえる。一度かけると味が元に戻せなくなるけどな。

›› 続きを読む
スポンサーサイト
サイバラvs福本伸行。ざわ…
 最新号のビッグコミックスペリオール。

 西原理恵子「人生画力対決」で、サイバラと「カイジ」「アカギ」の福本伸行の画力対決の様子がマンガになって出てる。

 「人生画力対決」は初めて見たが、久しぶりに見る「鳥頭紀行」「できるかな」路線のサイバラ。久しぶりに何かスッキリした気分だ。
NHKマジック…
 ちょうど今まで、NHKの「笑神降臨」で、よゐこが北斗の拳、アンパンマン、マリオ、ドラクエをネタにコントやってたんだが…
 コントの素材に北斗の拳の本物の画像やらマリオやドラクエの本物のBGM使ってた…各キャラクターの固有名詞も全部本物。
 NHK、変な所で労力使ってるな…さすがは西日本ホンマモン協会[byゲーム帝国]。
わたし まけま したわ。
 ったく、最近は何だよ…。もちもちもちもちどこもかしこも言いやがって。お前らいつからもちもち教の信者になったのかって位もちもちが氾濫してやがる…
 一番の代表は例の白いタイヤキ。米粉が量産できるようになったからって皆がみな製粉会社の戦略に乗っちまいやがって。粉にタピオカでんぷんも混ぜてあるみたいだしな。いかにももちもち志向だよな…

 …ごめんなさい。ついに食べてしまいました。
 管理人は小豆が苦手なので、カスタードのやつ。
 …そりゃあ琴線に触れますよ。もちもちは。ええうまいですよ。例えそれが"モッフル"にインスパイヤされたように見えても。

 どうも何か悔しいので、もっと美味しいもちもち系の菓子を紹介して閉じることとする。
 ローソンのケーキの棚に並んでる、このお菓子。

もち食感プチロール(ローソン)。
125円。

 あちらこちらのご近所で評判の「プレミアムロールケーキ」の影に隠れて目立たない位置づけに留まっている感があるが、もちっとした生地のしっとり具合、生地と少し重めのクリームのバランスは非常に完成度高し。

 クリームの質こそプレミアムロールケーキのそれに比べると見劣りするが、このバランスは素晴らしい。機会があったら一回食べてみ。
小六庵 (蕎麦) 福井県坂井市
 三国の小六庵の、おろしそばと鴨汁。

 たつやの感性見聞録さんの記事を見て、そういえば行ってみたいお店だったと思い出し、今月の前半に早速三国にお出かけ。ここは11月6日から新蕎麦だった模様。うまく新そばに行き当たった。

 外のテラスのようなところでのんびり「あー船が通ってるねぇ」などと遠景の海を眺めながら、味のあるちゃぶ台で楽しむおそば。

 鴨汁うま~。鴨が分厚い。旨みは十分なのにケモノ臭さは全くない。
 おろしそばのおろしが、汁だけで、かつかなり辛いというあたりがこの辺(三国の新保の辺り)のお蕎麦らしい。新保屋さんに負けないくらいの辛~い大根汁。

 お蕎麦自体は何というのかな、ちょっともそっとした食感を残してある感じ。随分行っていないが、福井市の三井屋さんのお蕎麦ってこんな感じではなかったか。都会から帰ってきた人が食べたくなるようなお蕎麦というイメージ。

 なお、テラスは1~2組しか入れない特等席。別料金取られるわけじゃないが、みんな真っ先に入りたがる場所なので、入れるかどうかは運次第。

›› 続きを読む
松屋のカレーって、福井でも浸透してるんですかね。
松屋のオリジナルカレー。350円。

 ココイチの半値程度のくせして、味のパフォーマンスは非常に良い。具はほとんど入ってないけどな。牛丼屋らしく牛肉の繊維片らしきものが少し見える位。ある意味いさぎよい。
 スーパーに売ってるちょっと高めのレトルトカレーという方向性の味。安定している。ちなみに、290円のトマトカレーのほうは旨みがわざとらしすぎて個人的には合わない。

 カレーにまでもれなく味噌汁がついてくるのは、最初は「なぜカレーに味噌汁」と違和感があるし、実際カレーとの相性も微妙ではあるんだが、要はこれでお腹が満足するのである。冬場には、カレーとはまた違うこのあったかい飲み心地が非常に有難い。

 いつから"食べものの相性"などと贅沢を言うようになったのか、なんてな…。
 カレーにも味噌汁というこのハングリー精神、ある意味素晴らしい。
福井の紅葉景色 ~花筐公園(福井県越前市)
花筐公園(福井県越前市) 福井に住んでいて「紅葉」と聞くと、どうも大野市の山のほう、九頭竜川の上流あたりで「渓谷に広がる大自然の紅葉」を楽しむようなイメージが頭から離れない。

 あれだって行けばそれなりに感動するものがあるに違いない。ただ、そもそも福井っていう土地柄自体、自然の紅葉と触れ合う機会は割と多かったりするし、どうも見に行こうっていう動機付けが…。いずれ見たいとは思っているのだけど。

 やっぱりあれですよ。「もみじのトンネル~♪」とか、「石段に積もった落ち葉のじゅうたん」とか、そういうのを楽しんでみたいんですよ。自然の美に人の手がちょっと絡んだやつ。どうも紅葉には、そういう「人の匂い」がなんとなく欲しくなる。生のままの大自然は、人間には厳し過ぎる時もある。

花筐公園(福井県越前市) ん…山道のこの感じ…いいねえ。

花筐公園(福井県越前市)割とトンネルっぽい。包まれるような感じが素敵。

  おお、落ち葉のじゅうたん。そうそうこれこれ。風情ありますねえ。

 福井県越前市、旧今立町の「花筐公園(かきょうこうえん)」の紅葉。
 福井にもこういう紅葉スポットがあるんだな。穴場、というやつか。
 「もみじまつり」ののぼりが結構立ってる割にはね。

 「公園」と名がついているが、実際に紅葉を楽しめるポイントは結構山を登ったところに多いので、何も知らない人がいきなり行っても見るべきポイントを見逃したりすることはあるかもしれない。管理人が行ったときにはたまたま山の入り口にガイドさんがいて、ボランティアで親切に見どころを案内してもらえたのだけれど。

›› 続きを読む
ニシムラカフェ 本店(洋食/カフェ) 福井市
ニシムラカフェ 本店(福井市) シーフードドリア ニシムラカフェのシーフードドリア。
 小さい頃から大好きなメニュー。
 1,030円。

 スプーンを入れると、海老やホタテがごろごろ、本当に沢山出てくる。
 不景気のせいで具の量が減ったり具が小さくなったりしてないかと心配したが、それも気憂のようだ。昔の記憶と寸分変わらない。
 少し濃い目でとろみがあるホワイトソース。濃い目だが必要以上に濃すぎないそのあたりのさじ加減も昔と変わらない。

›› 続きを読む
ふぐの子の糠漬け(石川県) ~なるほどねぇ、焼きそばとの相性は抜群だわ。
ふぐ子焼きそば(尼御前SA上り) 富山からの帰りにたまたま尼御前サービスエリア(上り、福井方面)で新製品との看板が出ていたので食べてみた、「ふぐの子の糠漬け」入り焼きそば。600円位だったか。

ふぐの子(卵巣)の糠漬け そう。御存知の方は御存知、猛毒のあるフグの卵巣を、2年間糠漬け。”漬け込むことで、毒が抜けて食べられるようにしちゃいました”という、人間の執念を感じさせる発酵食品である。「美味しんぼ」でも紹介されてたような気がする。後日調べたがどうも美味しんぼには見当たらぬ。探してみたら、例の発酵の小泉武夫教授の本に出てた。記憶なんてなあ、記憶なんて(泣)。

 なお、ふぐの子の糠漬けは石川県の限られた地域でしか生産が認められていないものだが、JR福井駅のおみやげ売場(プリズム福井の中)でもちゃっかり売ってたりするので、福井の方は石川まで行かなくても入手可能。便利な時代ではある。

›› 続きを読む
ただ。もう。
それにしても、松井はすごいよな。
本当すごいよな。

皆が凄いって言うだろうけど、でもあれは本当にすごいよな。
富山のバターコーンラーメン。き、黄色い…
 富山市婦中町「なんばんラーメン」のバターコーンラーメン(550円)。
 スープ全体がコーン…。目が覚める黄色だぜ。

 すり流したやつというか、缶詰で売ってるクリームタイプのコーンを一缶そのままぶちこんだというか。コーンポタージュよりコーンの存在が分かるスープ。

 あんかけ風にとろみがつけてあるなど、隠れた工夫が色々あるようにも思われるが、印象はとにかくコーンの海。コーンの海に麺が埋もれている。

›› 続きを読む
漫画喫茶にて。
 フリークスの「金沢カレーラーメン」。550円。
 カレーはチャンピオンカレーのような感じの、例の金沢の色の濃いカレー。おかげで味が締まってる。

 でもここはマンガ喫茶。隣に客もいるし音を立てて麺をすするのは気が引ける。ウーンそういえばそうだったな…

 こんな所で何やってんだ俺…

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。