スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽美術館の特別鑑賞茶会。(京都市)
 千利休が黒楽・赤楽の楽茶碗を作らせた、という話はよく知られているけれど、千利休の指示のもと、実際に楽茶碗を作った「長次郎」という職人の末裔が、その名も「楽」家(※実際には「樂」の字を使用)、いわゆる楽焼の本家として、現在も存在している。今でも京都で代々楽茶碗を作っていらっしゃる。

 シチュエーションによっては「楽茶碗」といったらこの楽家の方が作ったお茶碗のことを指していることもある位。知っている人は知っているけれど、知らない人は知らない話かとも思い、基本的なところから書いてみた。
 楽美術館(京都市上京区)
 この楽家、今でも京都の街中にあるんだけど、お家に隣接して「楽美術館」が設けられていて、初代・長次郎、3代・道入(ノンコウ)をはじめ歴代当主の楽茶碗などが展示されている。

 が、さすがはお茶碗がメインの美術館。美術館の魅力はそれだけにはとどまらない。有料ではあるが、時折開催される「手に触れる楽茶碗鑑賞会」で美術館の所蔵品、つまり楽家歴代の楽茶碗を手にとって触らせてもらえたり、年数回の「特別鑑賞茶会」では、現在の当主、15代楽吉左衛門氏のトークを楽しみながら、あまつさえそういうお茶碗で実際にお茶をいただけてしまったりするのである。ちゃんとコネなしで誰でも参加できる。当たり前のことかもしれないが、そういう所がきちんとしているのは有難い。

 …というわけで、そんな貴重な機会があるならば行ってみるに限る。今回はその「特別鑑賞茶会」に行ってみた話。行ったのは今年の3月のこと。

 「有料」と書いたけれど、特別鑑賞茶会の参加費は7,000円(税込)。なので、行こうと決断するまでには結構時間を要した。
 が、いざ予約してみようとすると…これが結構大人気で。茶会のちょうど1ヶ月前から予約受付が始まるんだけど、最初、12月の茶会に予約の電話を入れたときは、予約開始当日の12時過ぎ位に電話したにも関わらず。既に予約は満杯。当日直前にキャンセル待ちの電話も試みたが、キャンセルも出ず…。仕方なく、次の機会(3ヶ月後)に改めてチャレンジ。予約開始日のオープン直後に電話を入れ、ようやく予約に成功といった次第。

 以下、実際のお茶会の様子。

›› 続きを読む
スポンサーサイト
「生」ごまどうふ (福井県永平寺町) ~ごま豆腐店が「本気」を出すとどうなるか
生ごま豆腐(福井、永平寺町「団助」) 永平寺に行く途中、否が応にも目に入るのが「ごまどうふ」の巨大で派手な看板。複数の店舗が競合しているためか、1枚や2枚でなく、何枚も連続して視界に飛び込んでくる。

 あれを見ていると、「所詮ごま豆腐なんて観光みやげか」と、むしろ胡麻豆腐を買う気が失せてくる方も多いんじゃないかと人事とはいえ逆にお店のほうを心配したくもなる訳だが、そういう前提を考慮した上でも、この生ごま豆腐には感服するところしきりである。「ごま豆腐というのは本来こういう食べ物なのか」とまざまざと感じさせてくれる。

 福井近辺の方ならおそらく土産品のコーナーで一度は目にした経験があるであろう、「ごまどうふ団助」の本店のみで手に入る。本店は永平寺町、永平寺に行く途中の道沿いにある。土産品店の並ぶ門前町からは結構離れており、寺から歩いて行くのは厳しい。通常は車で行く所だろう。限定品で、営業時間中に売り切れることもある(実際、管理人は夕方に買いに行って「売り切れ」という経験をした)。一つ七百数十円、賞味期限は当日中という代物である。

 とにかく「ナチュラルでもっちもち」。この一言に尽きる。胡麻の風味も、おみやげ品のパック詰めのものよりナチュラルで優しい。

 おみやげ品のパック詰めのごまどうふもモチモチした食感で、あれはあれで楽しめる食感ではあるんだが、モチモチの質が違う。これを一度食べてしまうと、もうパックのごま豆腐には戻れない位の破壊力がある。お店の中に食べるスペースがなく持ち帰り専用という品ではあるが、興味のある人は是非お試しを。



›› 続きを読む
大久保 奏 ピアノリサイタル (2009.4.24 ハーモニーホールふくい)
 このリサイタル、たまたまチラシを見かけて、リサイタルの前からちょっと興味を持っていた。

 何しろ、曲目がベルクの「ピアノソナタop.1」に、プロコフィエフの「ピアノ・ソナタ第7番」。ご存知の方は分かると思うが、聴く人によっては過激ともとられかねない尖鋭な表現をたっぷり含む、20世紀の有名ピアノ作品である。(管理人自身はベルクのピアノソナタが非常に好みだったりするけれども)。

 そのうえ、チラシ全体の雰囲気等々から判断するに、演奏者の大久保奏(かなで)さんという女性はどうもニューフェイスといった気配が濃厚なのである。他の演目にはメンデルスゾーンの名が。渋い。こういう新人の方のリサイタルというと、一般受けするようモーツァルトやショパンの曲で埋め尽くす場合がほとんどだと思うんだが。”知性派”といった雰囲気が濃厚なプログラミングである。

・ほー、福井でこんな攻めのプログラムが聴けるとは。
・しかも新人さんが。

この2点で、聴きに行く動機はもう十分だ。

…そして実際のリサイタルも、期待に違わず聴き応えのあるいいリサイタルだった。

›› 続きを読む
セブンイレブンといえば…
セブンイレブンといえばブリトー。
これは外せない。

 セブンイレブンにブリトーがなかったら、管理人のセブンイレブンに対する価値は半分もなくなるだろう。他社の類似製品とは出来が違うのである。

 ブリトーなくしてセブンイレブンなし。
 セブンイレブンなくしてブリトーもなし。

…ぷはぁ。
 ここしばらく記事の更新が滞っているが、パソコンが壊れたとか病気になったとか海外旅行にいってましたとか、そういうことは一切ないのである。 

「ネ・タ・切・れ?」
→いや、むしろ更新してないのでネタが溜まる一方なのをどうにかしたい。

「環境の変化により更新があまりできなくなった?」
→別にそんなこともなし。

「更新が面倒になった?」
→多少面倒だが、更新しないことのほうが気になる。

…単に、仕事が多かった上にオフにも予定が入りすぎて身動きが取れなくなってただけです。良い事も悪い事も集中して起こるってことが、本当にあるもんだ。4月はずっと何だか息を止めてずっと水中に潜ってた気分。今日になってなんとか息継ぎできる余裕が…といったところ。今月はそんなことありませんように…

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。