スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛知県陶磁資料館 -猿投って、いいなあ。(2008.1)
 奈良時代から平安時代にかけて栄え、鎌倉~室町頃には消滅したらしい愛知県の古窯「猿投(さなげ)窯」。猿投という焼きものの存在を知ったのは比較的最近のこと。

 独特の魅力のある灰色の器たち。鎌倉時代に比べてかなり技術力が高い(仕事が丁寧)と思わせる端正なやきものが多く、造形自体はいかにも大陸風なのに、全体的に受けるイメージではどう見ても和風の柔らかさに包まれて、確かに平安時代っぽくもあり、またちょっと謎めいた不思議な姿でもあり、本などで色々目にしていっぺんにファンになってしまった。

 昭和29年になってようやく窯跡が発掘されたようで、やきもの全盛のこの国でこんな最近まで忘れ去られていたのか?というのも魅力に華を添えている。

愛知県陶磁資料館 この猿投窯のやきものの主要な名品を集めた展覧会が、猿投山古窯跡群のお膝元、愛知県陶磁資料館で運良く開かれていた。
 「幻の壺-本多静雄コレクションのやきもの-」という展覧会で、本で見るようなアレとかコレとか、松永耳庵コレクションのソレまであり、目の保養になったことなったこと。

 しかも奈良時代・平安時代の須恵器や灰釉陶器の陶片(本多コレクション)に実際に手でさわれるコーナーまで!見るのと触るのとではテンションの上がり方が全然違う。展覧会企画された方ありがとう!貴重な体験ができました。

 他にも古瀬戸とか色々展示してあったが、もう猿投しか覚えていない。そんな一日。

 この展覧会は終わってしまったが、愛知県陶磁資料館、2008年で開館30周年記念とのこと。今後も記念イベントが続いていくようで、今年は目が離せなさそうだ。

 ところで、福井県陶芸館(福井県越前町、越前陶芸村内)に展示されている越前焼の中にも平安時代に作られたものがごく少数ある。端正な造りの三筋壺で、鎌倉や室町の豪快素朴な壺がゴロゴロ並ぶ中で大分違う存在感を放っており、興味のある人は一見の価値あり。福井県陶芸館も陶片を触らせてくれる趣向、やってくれないもんかな…

›› 続きを読む
スポンサーサイト
あつた蓬莱軒 本店「蓬莱陣屋」 (ひつまぶし、うなぎ料理) 名古屋市
 さて、奇食の館オフ会の後の夕食のお話。
 奇食オフ会の後だし、続けざまに夜も名古屋で「ひつまぶし丼アイス」あたりいってみようかとも思ったが、そういえば管理人、まだ名古屋で本場のちゃんとしたひつまぶしを食べたことがない。

あつた蓬莱軒(名古屋市) お昼で全力を使い果たしたこともあったし、アイスはまたの機会、本物の「ひつまぶし」を頂くことにした。せっかくなので、お店も熱田神宮そば、ひつまぶし発祥のお店「あつた蓬莱軒」の本店と気合を入れてみた。
 名古屋高速ができた今、熱田神宮のあたりも岐阜から車でチョチョイのチョイ。便利な世の中になったもんだ(ガソリン代は高くなるばかりだが…)。ただし車が若干進入しづらいお店の立地で進入にはかなり気を遣った。

 かなりの人気店のようで、お店の駐車場は管理人が駐車した開店15分後位でちょうど満杯。以後も客がぞろぞろと。タイミング良かった。お店の外観はそれなりに風格があるけれども、中は旅館のような気楽さがあり、若者でも特に遠慮なく楽しめる感じ。

「ひつまぶし」(あつた蓬莱軒) ひつまぶしは1人前2,520円、ちょっと構える価格だが、小さい茶碗に軽く盛って4杯分というご飯の量は決して少なくはない。やはりうなぎには細かく切れ目が入っている。

 ひつまぶしというと食べ方が必ず話題にされるところだが、メニューに食べ方が大文字で分かりやすく解説してあり心配無用。だれもが隅々までひつまぶしを楽しめる。

名古屋市熱田区神戸町503番地
11:30-14:00 16:30-20:30
定休:月曜(祭日の場合営業)
(※支店は営業時間・定休日が上記とは異なる)

›› 続きを読む
奇食の館 シュールストレミングを優雅に食べる会 (2008.3.22)
 うららかな春の日。
 今日はとってもいい天気♪
 ここは岐阜県、とある河川敷の公園。

 たくさんの親子連れがのどかに戯れる、平穏な昼下がり♪
 管理人、今日は春の陽気に浮かれてゆっくりお散歩…


 なあんてな。今日は、いつも楽しく拝見している「奇食の館」管理人、Rimさん主催のオフ会に初めて参加してみた。ある意味憧れを持って眺めているサイト様だが、あまり気にせず気軽に参加(笑)。

 この日の主役、

 シュールストレミング!!!

 その筋の方なら説明不要、密封容器中でディープに発酵し続けるニシンの缶詰、スウェーデンが誇る例の魚系発酵食品、アレである。

※「シュールストレミング?何それ」という方は、漫画「もやしもん」第3巻(石川雅之/講談社・イブニング)辺りをご覧いただきたい。

›› 続きを読む
開花亭 sou-an (日本料理) 福井市
 創業100年以上と言われる老舗の料亭の割に、これまで開花亭の情報はネットで調べても不思議とあまり出てこなかった。

 管理人も前々から興味はあったものの、今まで(本館)は2人以上の予約でないと入れないというのが大きな壁で、1食に8千円以上もかけるような物好きというのは世の中にそう集まっているものでもなく、だからって2人分の経費をもつような甲斐性もなし…。これまでは敷居が高いという印象は否めなかった。

開花亭 sou-an(福井市) この開花亭だが、この2月、新たに新館がオープンしたところ。開店からそろそろ落ち着いてきたかなーという頃合い、早速予約してお昼を食べてきた。

 モダンな建築はもちろん、夜に比べれば手頃な価格のお昼、店内にカウンターがあり"おひとりさま"系の客にも配慮したあたり、仕掛人と思われる若旦那の新しい試みは外見だけではない感じ。お料理にも何らかの趣向があるようにも思われたので、ブログ「ニッチモノへの入口」のaria氏も誘って行ってみた。

 お店の外観は実際に目にしてもやはりかなりモダン。好き嫌いは分かれるだろうが、これまでの福井の現状(飲食業界だけではない)に対してかなりの問題提起になっているのは確か。個人的にはこういう試みは悪くない。

 お店に着いたところ、お店の前には開花亭の若旦那が! 本人がお店の前に立ち、積極的にお客を案内している。冒頭から若旦那の意気込みが良い意味で伝わってきて好印象。お昼は3,000円弱、3,500円、4,500円位のコースがあり、3,500円(税込3,675円)のコースを頼んでみる。

出てきたお料理は…

!…ほほう。



›› 続きを読む
織田有楽斎の国宝茶室「如庵」、年2回の特別公開。
如庵(愛知県犬山市) 古くから現存する茶室のうち、現在国宝に指定されているのは3ヶ所のみ。
 京都の妙喜庵待庵、犬山の如庵、そして京都、大徳寺龍光院の密庵(みったん)。合わせて「三名席」と呼ばれているようだ。

 3つのうち、拝観できるのは待庵と如庵の2つ。密庵は基本的に非公開の模様。
 このうち、待庵は完全予約制のうえ、にじり口に竹の柵がしてあり、そこから内部を眺めるだけ。
 なのに対し、如庵は年中無休予約なしで見られるうえ、春と秋の数日間の特別公開の期間には茶室内部にまで入ることができる。
 
 そうと聞いたら行かずにはいられない…かどうかは知らんが、とりあえずその気になったので、昨年秋、名古屋駅から名鉄にゆられて30分、愛知県は犬山市、織田有楽斎の国宝茶室「如庵」の特別公開に行ってみた。
 茶室の中にもちゃんと入ってきたよ!

 ちなみに、如庵に入れる特別公開の日は入場料が1,900円(別室で飲める抹茶代含む)。結構いいお値段なので注意。そのせいもあるのか、ぎゅうぎゅうに込んで行列になるようなことはなく、スムーズに内部を拝観できた。

 春の特別公開ももう間近、今年は4月11日(金)~4月14日(月)とのこと。(名鉄犬山ホテル(有楽苑)の料金案内のページ参照)

›› 続きを読む
国宝「油滴天目」「飛青磁花生」 -"安宅英一の眼" 美の求道者 安宅コレクション展(金沢21世紀美術館)
 今、金沢21世紀美術館でこんな展覧会が開かれているのを知っているだろうか?
 あまり大々的なプロモーションが行われているように見えないが、陶磁器に興味のある方なら一大事ともいえる展覧会。

 大阪市立東洋陶磁美術館の、国宝2点を含む有名な陶磁器コレクション。その目ぼしいところ、かなりの点数が現在金沢にやってきている。超がつくほど有名な油滴天目の茶碗はもちろん、屈指の上手とされる砧青磁の鳳凰耳花生、繊細な模様の木の葉天目、李朝陶磁では随一とされる祭器などなど、何か重量級のオーラ漂ってるわあという作品が決して広くはない展示スペースに目白押し(李朝の祭器は自分にはまだピンと来なかったけれども)。こういうのは理屈を並べるよりとにかく実際に見てみるのが良いに違いない。興味があったら足を運んでみてはいかが。ただし、入場料は1人1,000円と少々高め。一緒にやっている「コレクション展」も見られるけれど。

 ただこの展覧会、3月20日(祝)が最終日。貴重な機会って、気を抜くとすぐに目の前を過ぎ去ってしまう…


 同じ21世紀美術館のお気に入り、「タレルの部屋」でパチリ。この部屋、大好き。何度来てもいいなあ。
洋食の店 クック (石川県金沢市)
洋食の店 クック(石川県金沢市) おそらく、行ったことはないにしても、金沢の大学生でこのお店のことを知らない人は少ないのではなかろうか。今でも時間帯によっては行列もできる人気店。管理人は大学時代金沢にいなかったにも関わらず、物好きな友人のお陰で大学時代から知っているお店である。

 心のこもったきちんとした洋食が、破格の大盛りとリーズナブルな価格で提供されている。金沢の学生を長年支えてきたであろう雰囲気が、年季の入った店内に刻み込まれている。

 写真のメニューはお店の看板メニュー「チキンポロネーズ」。昨年末、残念ながらちょっと値上がりした模様。たしか1,000円→1,100円 900円→1,000円だったかな。記憶は曖昧だけど「ついに1,000円の壁を越えたかー」というのが印象に残っている。

 「なーんだ、そんなに安くないじゃん」って? …問題はその「量」なのだ。よーく写真を見てほしい。机に乗っているコップがちょっと小さく見えないか?ちなみに、画面左に移っているごはん(普通サイズ)の量はお茶碗3杯分(!!)。参考に10円玉と一緒に写真を撮ってみたけれど、分かりづらいかもしれない。

チキンポロネーズ(拡大) チキンを拡大してみたところ。チキンの大きさは付けあわせのポテトを、多少の遠近法を考慮しながら参照のこと。衣によってボリュームを増したチキンが、一皿に4つ。食べてみると分かるが、胃袋の限界との格闘になるような分量になる。

›› 続きを読む
メトロイドプライム3(Wii) プレイ中です。
 いやー、Wiiになっても相変わらずメトロイドはメトロイドだねー、うれしいよ。

 肝心のWiiでの操作感覚だが、デフォルトの設定ではどうしようかと思うくらい視界の移動がぎこちなくて心配させられたが、オプションでカメラの設定を中級者用にしたら、俄然なめらかな良い動きに。思ったところを眺め、思ったところを狙い撃ちすることができる。逃げながら弱点狙い撃ちなんて、いままでやりたくてもできなかったことが楽々。カユい所に手が届く感じで非常に良い。このコントローラー、想像以上にメトロイドにぴったり。長期戦になるとコントローラーの重みで腕が疲れるけれど。

 ゲーム内容は相変わらず「死んで覚える」タイプの厳しい難易度に、息の詰まるような世界設定と話の展開。ただし、管理人は最初から「ノーマル」ではなく「ベテランモード」を選択。ゲーム開始前の質問の答え方で難易度が決まってくるのだが…「前回と同じ位のスリルを味わいたいですか?」という絶妙な質問。「いいえ」とは答えづらい。うう…。

 お陰で敵がやたら固いしこちらはダメージを受けまくる。ボスキャラとの対戦など、最初は完膚なきまでに叩きつぶされて、やられた後はしばらくコントローラを握る気が起きない位だ。

 しかし、一回やられて再挑戦するたびに、今までダメージを食らいまくってたところで不思議な位ダメージを受けないようになってくる。自分の操作技術の「進歩」が如実に体感できるという絶妙な難易度のバランスは、今回も健在。こうなったら最後までベテランモードで通してやろうじゃないか。地味に進めていきます。
メンデルスソーン:交響曲第5番「宗教改革」室内楽版。いいねえ。
メンデルスゾーン:交響曲第1番 ハ短調、第5番 ニ短調「宗教改革」、序曲「フィンガルの洞窟」、序曲「ルイ・ブラス」(4手ピアノ,ヴァイオリン,チェロによる作曲者自身の編曲版)
アンドレアス・ザイデル(vn)、マティアス・ムースドルフ(vc)、オルガ・ゴレイ/ゲラルド・ファウス(p)
※モダン楽器による演奏です。念のため。
[MD+G 07 1469-2]

 メンデルスゾーンの「宗教改革」って、オーケストラ版で聴くといま一つ盛り上がりに欠ける捉えどころのない曲のように感じていた。が、室内楽版になって臆面もなく全面に表れるようになった、20年前位のお昼のメロドラマ、しかも「真珠夫人」系の重たいやつでいかにも使われそうな、ドロドロの情念ドラマを理想的に彩るメロディライン。これだけ堂々とドラマを繰り広げられたら、お昼といえどもドロドロに浸れること間違いないんではないかい(?)。この曲、室内楽のほうが身の丈にあっていて、交響曲にするのはちょっと無理があったんではないかしら。

›› 続きを読む
アクセス50,000ヒット、御礼。
 50,000、ですかー。こんなに多くの方にご覧いただけるとは、一年前の段階では思ってもみませんでした。ありがとうございます!!

 ここらで、画像・写真の掲載ポリシーにも少し手を加えておくことに。

当ブログでの画像(写真)の使用について

 事の是非には色々自分なりの考えがあるものの、面倒な事に巻き込まれるのはやっぱりちょっと、ね。

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。