スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山仁[やまに] (かに料理/魚料理) 福井市
活鱗房 山仁 (福井県福井市) …凄っげえわ。何だこのお店。出てくる魚という魚、ことごとく質が良い。同じ魚なのに普段口にするものと一味違うと思わせられた点、多々。

 魚料理のお店では「これは」というお店になかなかご縁のなかった管理人。しかし、そこは海産物がうまいうまいと言われる福井県、探せばこんな店がやはりあるもんだな。しかもJR福井駅の目と鼻の先…灯台下暗しとはこのことか。福井県にはまだこういうお店がちらほらと眠っていることだろう。楽しみな話だ。

 お刺身はメジマグロ、ヒラメ、ナル、甘海老、イカ。
 メジマグロはクロマグロの幼魚、ナルはブリに成長する一つ手前の若魚、関東で言えばイナダとブリの間くらい。最初にヒラメを口にしたとき「これ寿司で食べたい…」とかよこしまな考えが頭をよぎったが、つまりこのお店、死後硬直による歯ごたえで新鮮さを強調するような類のお店ではないということが言いたい。あれはあれで面白いところがあるんだけれど、じっくり味を引き出されたお刺身にはかなわないと思う。大体メジだのナルだの、必要以上の脂や血の臭いを避けた魚を用意するあたり、その辺の配慮はきちんとしていると思う。これは寿司ではなくて刺身なのだから。
 メジマグロにしろナルにしろ、普段口にする魚からベールを一枚はがしたようにクリアな味わいなのに、味そのものはきちんと乗っているし、なにより舌触り。身肉のキメが揃っていて、筋繊維があまり崩れずに保たれている感じ。こういうところに新鮮さを感じる。

 焼物。若狭ガレイ。高級魚、丸々1匹。サイズも大きい。隅々まで頂く。一緒に出て来たサザエがまた旨い。実は管理人、サザエが大の苦手だが、このサザエは美味しかった。緑色のキモの部分が苦くないし、磯の香りも不快な部分が全くなく、良い香りのみ。印象くつがえりました。

 そしてカニ。カニの品質もすごい。この日はズボガニ(脱皮直後のカニ、水ガニ)を出してもらったのだけど、管理人、ズボガニがこんなに美味だとは今の今まで知らなかったよ。水ガニだというのに身がギュウギュウに詰まっている。旨みも水ガニとは信じられない位、また、ほんのり未成熟な感じの独特さもあり、日本酒でいう火入れした酒と生酒の違いに似た印象がある。

 こういうものは新鮮さが命で、大都市の市場などに出荷されても福井ほど美味しく味わえない点、福井ならではのグルメとも言える。昔スーパーで購入した身がスカスカで臭いにおいばかりする水ガニとは雲泥の差。

 店内に貼り紙がしてあって、「カニは全て活きガニを仕入れ、店内でボイルしています」とのこと。…徹底しているわ、こりゃ。そういえばお店の生簀にもデカい越前ガニがいたよ。

 なお、お店には特にメニューといったものは準備されておらず、”予算に応じて対応”とのこと。ぐるナビで紹介されていた予算の目安を参考に、お昼だったけど「5千円で」とかなり張った注文をしたところ、このとおり目を疑うような良質食材が出るわ出るわ。実は、この後にまだメニューが続くのである。この日はたまたまお店がすいてて運が良かったのかもしれない。

 以上から分かるように、このお店もお魚の相場は"福井相場"ともいうべき価格で、海のない県の方には空いた口が塞がらない位の超良心的コストパフォーマンス。普通に食べる分にはそこまで出資する必要はないと思われる。このレベルの海産物、仮に今回のと同じクオリティと皿数で京都で楽しむとしたら、1万や1万5千ではとてもきかないのではないか。本当に、マジで。

›› 続きを読む
スポンサーサイト
細川護煕 楽三十盌展 (2007.11 京都市)
 犬も歩けば棒に当たる。色々出歩いていると、たまにはこういう珍しいことに出くわす機会もある。元首相の細川護煕氏、政界引退後は陶芸をされているとテレビで見たことはあったが、こうして実際に作品に触れるような機会を得ようとは思ってもみなかった。

 ちょうど京都御所の一般公開の時期と重なることもあって、この日は京都御所も見物。特異な体験が続く印象的な一日になった。

›› 続きを読む
モーツァルトイヤー、個人的拾いものCD。って今更かい。
 CDというのは生産にちょっと時間がかかるもので、「作曲家生誕○○年!」なんて年があるとコンサートや録音が記念の年に沢山行われ、CDのリリースはたいがいその翌年にずれ込むという寸法。

 2006年のモーツァルト生誕250年も同じもくろみで、本腰をいれてCDを物色してみたのはのは2007年に入ってから。おかげで話題が一年遅れ。やむを得ぬ。

「モーツァルト・イン・ジャズ」
原曲:トルコ行進曲、交響曲第40番(1st.mov)、アイネ・クライネ・ナハトムジーク(1st.&2nd.mov)など
レイ・ケネディ・トリオ
[SWING BROS(国内盤) CMSB-28007]

 モーツァルトとジャズの相性がバッハのジャズアレンジなんて目じゃない位に最高だということを実際に音で証明してくれた、おそらく記念碑的なCD。


モーツァルト:交響曲第40番 ト短調、セレナータ・ノットゥルナ ニ長調
エンリコ・オノフリ指揮、デイヴィーノ・ソスピーロ [HARBOR RECORDS]

 ここまでアーノンクールのフォロワーっぽい演奏は初めてか。細部まで丹念・濃密に作り込まれた、家でじっくり聴ける40番。


モーツァルト:鍵盤作品全集vol.2
ピアノ・ソナタ ニ長調(第17番) KV576、ニ長調(第12番) KV332、変ロ長調(第16番) KV570、ほか小品、初期のソナタなど
ジークベルト・ランペ(cemb、クラヴィコード、fp) [MD+G]

 繰り返し部分での派手で執拗な装飾と、楽器へのマニアックなこだわり。アヤしい雰囲気をひたすら撒き散らすピアノソナタ。

›› 続きを読む
たまごかけ吉野家。
 たまには、吉野家の牛丼でちょっと労作を。生玉子を頼んで、下のご飯部分を丁寧に玉子かけご飯にする。…ってそれだけなんだけど。

 なるべく上の牛肉を崩さないように、下のご飯部分全体をたまごかけご飯に…なんてやってると、何だか楽しいよ。

 通常の牛丼より多少リッチで幅のある味になる。引きかえに牛肉の味のピントはやや薄まるし、玉子かけごはんのタマゴ感も牛肉でやや相殺されるが、両者を合わせた合計点では悪くない。1+1=2でなく1+1=1.15位の感覚。

 ご飯が最初からかなり水分を吸っているので、玉子は1個で十分。きちんとドンブリ全体にまわるよ。
一蘭 道頓堀店(ラーメン) 大阪市
一蘭 道頓堀店 博多発とんこつラーメンの雄、一蘭。管理人は一風堂よりこちらが好み。今まで福岡と東京でしか食べられなかったが、ようやく大阪と名古屋にもお店が出てきた。東京に行くとき、ラーメンだったらとりあえず一蘭を選択肢に入れていた管理人には多少遠くても有難い。

 九州らしい極細麺と、豚骨らしい風味とこってりさを十分に残しながら、臭みをうまく抑えたスープ。上にちょっとだけ乗っている唐辛子を混ぜたときの味のバランスがまた素晴らしい。行く度に「今回だけは替え玉はやめとこうかな」と思ってお店に行くのだが、結果的にはほぼかならず替え玉、しかも2つ目に手が出てしまっているようなお店。

 このお店の大きな特徴でもあり好き嫌いの分かれるところ、席が1席1席ずつ厚い壁で仕切られていて、隣と話もできず「とりあえず食べることに集中して」という感じの、いわゆる「ブロイラー喰い」状態をハード的に強いる店の造り。これが、果たして大阪でも再現されているか?というのが興味津々で入ってみたが…やはり何ら遠慮なく、これまで通りのポリシーを貫いている。味的にも違和感はなく、とりあえず大丈夫そう。

›› 続きを読む
エクレアが食べたくて… Pomme d'Amour [ポム・ダムール] (滋賀県彦根市)
ポム・ダムール(滋賀県彦根市) エクレールほかPomme d'Amour[ポム・ダムール](滋賀県彦根市)

エクレール(カフェ)、エクレール(ショコラ) 各300円、
他に、マカロン(ショコラ)120円、チーズケーキ440円

 フランス人パティシエの作る本格的なスイーツが楽しめる、滋賀県彦根市のお店。エクレア(エクレール)は外側の生地がしっかりしていて、中のクリームは非常に濃厚。手づくり感があって良い。他のお菓子も手づくりっぽくてパッと見は地味でオーソドックスなデザインなのにやっぱり垢抜けている、なるほどフランスかも…といった雰囲気でなかなか。店内で食べられるスペースが広くて、雰囲気もお洒落。ちょっと遠いけど来て良かったー!

 少し前に「チューボーですよ」でこういうエクレアを見かけて「へぇ本格的なエクレアってこんななんだー」と思って以来、一度口にしてみたいとは思っていたけれど、URALAの新しいグルメ本をみてもエクレアが載っている福井のお店が見当たらない。手持ちの本をひっくり返してみたところ、近場で目に止まったのがこのお店。フランス人パティシエのアンリ・ベル(Henri Bele)氏の作る、パリそのままのスイーツが楽しめるとのこと。

エクレアを割ってみたところエクレアを割ってみたところ。ちゃんと手で割りましたのでご安心を(笑)

›› 続きを読む
安土城跡(滋賀県安土町) -つわもの共の夢のあと、ですな。
安土城(信長の館) 独特のセンスにいろどられた織田信長の城、安土城には前々から凄く興味があった。城の中層にある八角形の階層のアンバランスなものが絶妙に配置された感じ。配色センスも一応何かの資料によっているようだが、他のお城から考えられない独特さにすごく魅かれるものがある。

 ご存知のとおり、信長の城ということもあってか山崎の合戦で明智軍が敗走する際に焼失していて今は石垣だけ残る「城跡」。なかなか行く機会が作れなかったが、去年の秋、心を決めて行ってみることにした。

 現代のいわゆる「日本のお城」のイメージ、高くて象徴的な天守閣というのは意外に歴史が新しくて戦国時代も終わりも終わりで、一般的に今日見られる本格的天守(五重以上のもの)の最初のものとされているのは織田信長が天正7年(1579年)に建造した安土城(滋賀県安土町)の天主であるといわれる。[wikipedia「天守」より引用]
 現存する日本最古の天守閣、福井県坂井市の「丸岡城」(築城1576年、ただしこちらは二層三重と高さはちょっと低い)と同様、最上階の望楼に回縁高欄が付いている。これがついているのは見た目にも格好よい。好みの形だ。
 
 現在安土城は焼失してしまったが、安土城跡のある滋賀県安土町の「信長の館」という施設で、天主の5階と6階、最も特徴的な最上部の原寸大の復元を見ることができる。写真はその原寸大復元のもの。最上階が全て金の塗装になっているが、現実に城跡から金箔を貼った瓦が出土しているようで。現実に建っている姿はどんなだっただろうねえ。内装とか復元内容には色々意見があるのだろうけれど、原寸大で見ると床スペース自体は決して広くなく、解説で読んだような気もするが確かに日常的な生活スペースではなさそうな印象。

›› 続きを読む
フェステティーチ四重奏団/ハイドン「太陽四重奏曲」 op.20
 気が付いたら、クラシックのCDのことをもう1年位書いていなかった。

 決してクラシックから離れた訳でもないし、ネタが切れたという訳でもない。ここしばらくは、地元福井を盛り上げられれば、しかもすぐに効く特効薬をという想いが強く、気が付いたらブログの記事が福井近辺のグルメに集中していた、という感じだ。グルメ関連の記事は一通り揃ってきた気もするし、ここいらでぼちぼちクラシック関係の話題も再開したいと考えるところ。

 実は一言でいいから語りたいなーと思って手元においてあるCDがぼちぼち溜まっていたりもする。気負わずに少しずつ出していければと。

ハイドン:弦楽四重奏曲集op.20「太陽四重奏曲」 (演奏)フェステティーチ四重奏団
[ARCANA A413(2枚組)]

 クラシックCDの記事再開の直接のきっかけになったのは、永いこと入手できずにいたARCANAのこのCDを入手したことにある。

›› 続きを読む
精米歩合21%! 限定品 「梵 "超吟"用無濾過生原酒」
 「梵 超吟」。贅の限りを尽くした高い精米歩合の大吟醸酒を、更に低温で5年間熟成。知る人ぞ知る大吟醸酒の先進地、福井県が誇る皇室献上酒。価格も超高級だがそれだけの価値はある。福井県鯖江市の加藤吉平商店という蔵のお酒。

 滅多な機会でもないと口にできるものでないが、繊細かつ高貴で落ち着いた香りに、意外にふくらみのあるコシの強いお米の素直な味わいが「あ…直球勝負で旨いわ…」と感じさせる、文句なしの日本酒。それが「超吟」。

 今回入手したお酒は、この「超吟」用のお酒を5年寝かせる前の新しい状態で、しかも無ろ過生原酒の状態で楽しんでしまおうという面白い趣向。精米歩合を見ると、何と21%(二割一分)の表記!要するにお米の79%は不要なものとして取り除いて酒を造るわけで、きれいなお酒をつくる為とはいえ、何と贅沢な。

 限定品ということで、購入できる店舗はかなり限られる模様。管理人は、福井市下馬の「酒のタケウチ」さんで購入。180mlから量り売りで購入可能と、比較的リーズナブルに入手できるのが良い。180mlで1,103円+瓶代63円也。購入量が多くなるにつれ多少割安になる。

 実はこの超吟、管理人の記憶では2~3年前に販売されていたときの生原酒は精米歩合28%(5年寝かせた後の「超吟」としての出荷時は30%)だったはず。梵のホームページを見たら、5年寝かせた「超吟」ももう21%で紹介されてるし。今回の21%、明らかに山口県の「獺祭 磨き二割三分(精米歩合23%)」越えを意識してるな。

 …って、梵のトップページを見たら「精米歩合11%」だとぉ~?誤植かと思ったら、蔵元日記帳のページにも「11%」って書いてあって間違いねえよ。明らかに茨城県「来福」の精米歩合11%(ネットで知る限りの恐らく最高記録)を意識してやがるな。実際に完成までこぎつけたようだが、11%のやつはまだ非売品扱いの模様。味に納得いくまでは販売しないってか。つくづくこの蔵は…

›› 続きを読む

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。