スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瓢亭 本店 (日本料理) 京都市南禅寺
瓢亭 本店(京都市南禅寺) 瓢亭、すごかった。想像以上だった。

 料理が美味しいのは別館でも体験できるけれど、この瓢亭本館の雰囲気、並の京都の名所など軽く凌駕してしまう位突き抜けている。福井から行くのはちょっとおっくうだろうけど、万難を排してでも一度体験してみる価値があると思う。並の京都めぐりよりずっと満足感が得られること請け合いだ。

 外から見ただけでは全く気付かないが、入り口に一歩足を踏み入れた途端、そこはまさしく文字通りの別世界。植栽の密度の高い庭が眼前に拡がる。外から見ている限り非常に限られたスペースのはずで、こんなスペースではお店の工夫にも限界があるだろうなんてタカをくくっていたのもあったけれど、眼前に展開する空間はそんなスペースの制約などないかのようだった。密度高く茂るお庭の向こうに、点々と茶室や個室が1軒づつ建っているという、なんとも浮世離れしたスタイル。身の回りを取り巻く現実が徐々に消え去っていく…

 曲がりくねった道を歩いた時間は限られたスペースの割に長く感じられ、これからどんなところでお料理をいただけるのだろう?と非常にワクワク感でいっぱいになった。小さい頃、初めて東京ディズニーランドに行き、入口のワールドバザールに足を踏み入れたとき、同じようにワクワクしていたのではなかろうか。

 この感じ、形式はある程度省略されているかも知れないが、紛れもなくこれは「茶の心」、というより、これは茶の湯の核たる抹茶の部分までも「形式的」として取り払ってしまった先鋭的なアレンジの現代風の「茶の湯」そのもので、もてなしの精神が最良の形で体現されているのを感じる。こんなに心地良いのは久し振り。また、茶の湯の精神をこんなに身近に感じ、良いものだなあという思いを持ったのも初めてのことだ。なるほど、近年の方が「茶懐石」などとそれまでにない用語を創作してしまった気持ちが良く分かる。

瓢亭の朝がゆ …というわけで、前回瓢亭の別館に行ったときの印象が割と良かったので、本店(本館)のほうに8月の始めごろ行ってきました。本格的な懐石料理(昼23,000円~)はさすがに手を出しづらいけれど、本館でも季節限定で朝がゆ(5,500円[税サ込])が食べられる。もちろんお値段なりにおかゆ以外にもいろいろ付いてくる。この朝がゆが結構名物だったりするので、やはりターゲットは朝がゆということに。

 とはいえさすがは本館、食べるところがみんな個室になり、席数も決して多くなさそうな感じなので、予約は2人以上でないと不可といわれた。当然だが、福井からわざわざ京都に朝がゆを食べに行くという酔狂な人間は周囲にはそういないもので、いろいろ考えた結果「この人なら大丈夫かも?美味しんぼに載ってるお店だから」という大ざっぱな推測でこちらの方(「ニッチモノへの入口」ariaさん)にお誘いをかけてみたところ、快くOKの返事を頂いたので今回本店に向かうことが出来た次第。aria様恩に着ます。おかげでとっても楽しい時間を過ごせました。ありがとう!

 「ニッチモノ…」様のほうにも瓢亭の記事があります。料理に対する洞察はさすがで、管理人ではカバーしきれないような鋭い指摘も入っているように思います。あわせてご覧あれ。
 -ブログ「ニッチモノへの入口」より-
  ・瓢亭へ行く / 01 導入編
  ・瓢亭へ行く / 02 実食編
  ・瓢亭へ行く / 03 朝がゆ実食編 

›› 続きを読む
スポンサーサイト
たこミート(京都市 新京極通「蛸益」)
takomeet.jpg たこ焼きにミートソース+とろけるチーズという、誰もがやりそうで意外と誰もやってない、コロンブスの卵のような組み合わせ。たこ焼きとミートソース、案外相性良くって意外に美味しい。ミートソース代をケチらなかった(ケチャップ100%にしなかった)ところが勝因とみた。たこ焼き4個で200円台とリーズナブルなところもうれしい。

 いきなり福井の話に戻るけれど、随分元気がない雰囲気の福井駅東「AOSSA」3階のフードコート「越前市場」。管理人、こういうメニューがAOSSAに1つでもあったら…と切に思います。誰か作ってくれー!

 ああいう立地では、小手先でも何でもいいからもうちょっと”華”のあるパフォーマンスがほしい!あそこの飲食店が今一番やらなきゃいけないことって、メニューの改良なんじゃないのかな。ああいう事態になってしまった以上、この際「大食いメニュー」でも何でもいいので、やるだけやってみてくれるような心意気を見せてくれるお店はないものだろうか?

›› 続きを読む
これもたまねぎじゃない(笑)。
鹿ケ谷カボチャ 夏の京野菜、「鹿ヶ谷南瓜(ししがたにかぼちゃ)」です。

 今まで実際に食べたことがなくて、もしかして観賞用のお野菜かなー?なんて勝手に思っていたけれど、食べてみると普通に美味しかった。よく熟していたのか普通のかぼちゃより甘め。加賀野菜の赤皮かぼちゃと同じような感じ。後味はややさっぱりしています。こちらは京都の高島屋で購入。

 上半分と下半分ではちょっと味が違うらしいよ!
 …まだ上半分しか食べてないけど。
たまねぎ…じゃないよ!
打木赤皮甘栗カボチャ たまねぎじゃなかったらなーんだ? なんちて。

 夏の加賀野菜、「打木赤皮甘栗かぼちゃ(うつぎあかかわあまぐりかぼちゃ)」です。普通のかぼちゃより柔らかくってほんのり甘い。何だか遠方の珍しい野菜のように見えますが、福井からちょっと足をのばして加賀市に入ればその辺のスーパーで結構普通に手に入ります。ジャスコ加賀の里店で購入。値段は少々お高め、写真の手のひらサイズで400円。

 平坦にすごしがちな日常生活にもちょっとした機転でほら、新鮮な風。

(8/26追加)打木赤皮甘栗かぼちゃ、ワイプラザと福井西武で売っているのを確認しました!いろいろ選べるのは買う側にとってはとってもうれしい。
IL GHIOTTONE[イル・ギオットーネ](イタリアン) 京都市東山区
イル・ギオットーネ(京都市東山区) 素敵な要素がいっぱいのお店。素材の組み合わせのセンスはもちろん、何より一つ一つの素材がきちんとおいしい。何より、8千円弱の予算で「えっ」という素材がいくつも出てくる破格のコストパフォーマンス。予約が大変だったんですが、行って良かったとしみじみ思います。

 写真は、焙ったハモと京きゅうりと花穂じそのパスタ。

 鱧ときゅうりの相性がこんなに良いとは思わなかった!穂紫蘇のやわらかな風味が両者の仲をうまく取り持っている感じもします。焙ったハモって本当に美味しいんだー!意外な場所でうれしい不意打ち。

シャラン産鴨、白トリュフのスライスたっぷり! シャラン産鴨。トウモロコシとカラメルソース。上から白トリュフのスライスがたっぷり。

 白トリュフ、実際に食べたのは初めて!ちゃんと目の前でスライスしてくれました。濃密な、湿気を含んだようなキノコ臭の強いアタックの後、淡いけれども存在感のある上品な残り香で口の中が満たされます。管理人は真っ白な更科蕎麦と同じようなことを感じるのですが、食べれば食べるほど魅力が分かってくるような中毒性の高い食材とみました。やはりクセになりそうな。鴨肉とトリュフの相性も実にぴったりで、風味が融合します。トリュフが好まれる理由、肌で体感できました。甘いカラメルソースが絡めてあるあたり、一筋縄ではいかない複雑な味。

 以上のとおり、このお店はいかにもイタリアンという印象はないけれど、美味いかマズいかで判断すれば圧倒的に美味いほうに一票という感じです。こういうお店ではこだわらずに食べるほうが勝ちでしょう。

 7,875円(税サ込)のコースですが、時鮭が出るわイベリコ豚の入ったリゾットが出るわ、この価格は大いにアリでしょう。まさか白トリュフまで食べられるとは思わなかった。管理人にとってメモリアルなお店になりました。

お店の外観京都市東山区下河原通塔ノ前下ル八坂上町388-1
12:00-14:30 18:00-21:30
火曜休、月1回水曜も不定休

※予約は大体一ヶ月待ちという状況。大体というのは、こちらのお店では一ヶ月以上先の予約は受け付けておらず、早い日から予約が埋まっていくので、大体予約日の1ヶ月後から遡って数日位しか空いてない、という感じ。

›› 続きを読む
琵琶湖で食べる、ブラックバス天丼の味。
滋賀県立琵琶湖博物館 今回は、休日を利用して滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県草津市)へ。

 知る人ぞ知るブラックバスのお料理が食べられる「レストラン にほのうみ」さんが博物館の中にあるのだ。もはや滋賀県の裏名物??

 元々の情報源は、管理人が以前から覗かせていただいているサイト「奇食の館(管理人 RIM)」様。妙に引き込まれる軽妙な語り口、管理人大ファンです!他にも魅力的な(怪しい)食べ物がいっぱいの、本当に素敵なサイト。

 実は、以前に書いた喫茶マウンテン(名古屋)は、こちらのサイトに触発されて行ってみたもの。改めて記事を見直してみると、文章も影響モロに受けちゃってますね…。そういえばリンクフリーと書いてあるのを今頃発見。是非うちのブログのリンクにも追加しなくては。

 さて、前置きはこれ位にして。琵琶湖博物館についたのは休日のお昼だったのだけど、なんとレストランは満杯。入店までしばらく待ちました。やるなあブラックバス(笑)。行列の本当の理由は、昼間っから一杯やってる団体が複数、多数の席を長時間占拠してたことによる。周りに何もない博物館でビール飲んで、そんなに楽しいかー?滋賀県はそんなに昼間っから飲める場所が少ないのか(笑)。

 さて、そんなこんなでブラックバス天丼を実食(現在はバスバーガーは売っていない模様で、天丼のみ)。
バス天丼(琵琶湖博物館「レストランにほのうみ」)
バス天丼 880円(税込)

 結論から言いましょう。この魚、意外にもかなり美味です。県外からわざわざ食べにいくほど飛んでいくような旨さではないけれども、意外に上品な風味、脂の絶妙に適度なのり具合、誰が食べても白身魚の中では中の上くらいの印象はあると思います。スーパーの白身魚フライよりは余程うまい。後味にかすかに麻痺性のビターな風味が残るような気もするけれども、このかすかな風味を「雅味」と捉えて、もっと上位に位置付ける人もいるかもしれない。北米では結構普通に食べられているというのもよく分かる話。

追加情報:福井でもブラックバス・ブルーギルのバーガー開発!(→外来魚バーガーがぶっ!…福井大研究室が開発[YOMIURI ONLINE]) 10月から福井大学の生協で試験販売、とのこと。

›› 続きを読む
すし処めくみの夏。
 7月中ごろ「すし処めくみ」さん再訪。夏の品揃えも素晴らしい。

・白身はマコガレイ。夏の定番ですな。
・江戸前のタネばかりと思っていたら、今回はめずらしく白海老のこぶ締めが。なんと、軍艦ではなく握りで出てきた!
・そういえば、赤ウニも軍艦じゃなくて握りで出てきた。マンガで読んだけれど、赤ウニを握りで出すのってとっても難しいんじゃなかったか?この店、どこまでやるのか…
・ハイライトは大ぶりの車海老。マンガや本で見たそのままの江戸前の姿!(→「My寿司ブーム[ライター事務所AVANCER]」さんの写真参照。なお写真では海老が地味な色に写っていますが、実物は鮮やかな朱色でした。)
・季節柄、シャコはちょうど旬の時期。寿司1つに1尾で事足りるという大ぶりなもの。以前食べた寿司1つに3尾というシャコも良かったが、これはこれでもちろん魅力がある。

 ため息がでます。すごいわこの店。最近の金沢はうらやましい(このお店は野々市ですけど)。

›› 続きを読む
マックグリドル(マクドナルド)
 久しぶりに朝っぱらからマクドナルドへ。そういえばよく分からないCMやってた朝限定メニューがあったなーと今頃になって思い出す。
マックグリドルマックグリドル(マクドナルド)

 ほー。バンズがホットケーキ。しかもバンズにはご丁寧にメープルシロップが打ち込んであります。もちろん甘ーい。対して具材はベーコンエッグ+チーズ。真正面からぶつけてみました、という塩梅。こういうチャレンジャーな食べ物、管理人だーい好き。

 なお管理人、これは「ごはん」ではなくて「おやつ」として売り出すべきだったと思います。これを「朝ごはん」だなんて、アメリカの文化をそのまま持ってきたチャレンジ精神は認めますが、マーケティング的には安倍首相なみに間違った選択をしていると思います。今からでも朝限定を解除して一日中販売してくれないかな?遅きに失した感はありありですけど。

 期待を裏切らず、味はきちんと甘じょっぱいので、認められない人には徹底的に認められない味でしょう。これを食べて「アメリカ人の味覚は狂っているうう」なんて誰かが生真面目に叫ぶ姿がありありと目に浮かぶ。…ふふ、そういう下らない想像をするのも割と面白かったりする。

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。