スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花垣の貴醸酒!「花垣の隠し酒」。
花垣の隠し酒(日本酒、貴醸酒古酒)花垣 貴醸酒古酒「花垣の隠し酒」

 まえまえからその存在が気になっていた花垣の貴醸酒。今年のバレンタインの時期に、リカーワールド華でチョコとセットで限定販売のアナウンスがあったときは「ようやく出てきたか!」とちょっとした感慨をひそかに心で噛み締めてみたり。

 不覚にもバレンタインのときには予約し損ねてしまったが、有難いことに再販売されていた。今回も、リカーワールド華の各店での限定販売だったみたい。
 管理人が何でそんな感慨をいだいたのかは後回しにするとして、まずはお酒を飲んだ印象から。
 とにかく、「ただ甘いだけじゃなく、いろんな味を楽しんでもらおう!」という複雑な味わいのお酒。精米歩合を67%と押さえ気味にした所からもそのような姿勢が伺える。

 名前にも古酒と付いているとおり、味わいには本格的な古酒の香りと重みが感じられ、やわらかい飲み口。が、見た目の濃厚な色に比べると古酒っぽさはそこそこにとどめてある感じで、古酒ならではの雑味成分と、貴酒酒ならではのくっきりとした甘み(ちなみに、日本酒度は-50です。)がバランスよくどちらも楽しめるような印象。加えて、花垣の酒らしい、強い味が舌の表面をスーッと通り抜けるようなボディあるお酒の感覚も健在である。

 醸造年度は13BY、2001年度の醸造で、奇しくも先日口にした大七の貴醸酒と同じ。双方のお酒は、とても同じ年数熟成したものとは思えない。その位全く方向性が違うのが面白い。

 必要最小限の本質的な甘み・旨み以外の雑味をひたすら削った大七と、逆に雑味成分をうまく利用した花垣。外見こそ違え、双方に共通しているのは、どちらのお酒からも、その蔵がいつも扱っている、いわゆる通常の本格的な日本酒の特徴が割と前面に押し出されていること。

 元々貴醸酒というのがそういう特性のお酒なのかもしれないが、何だか「これからの貴醸酒には、もっと本格的な日本酒らしい魅力が必要だ!」なんて杜氏さんが思いながら造られたのではという気がして、なんだか拍手を贈りたくなる気もしてくる。

›› 続きを読む
スポンサーサイト
ドイツワイン散策 ~「アウスレーゼ・トロッケン」とは何ぞや?
ライヒスラート・フォン・ブール フォルスター・マリーエンガルテン
リースリング アウスレーゼ・トロッケン 2002

 ドイツ南西部、プファルツ地方、ライヒスラート・フォン・ブール醸造所(ブール男爵家醸造所)のドイツワイン。フォルスト村、マリーエンガルテン(マリアの庭)という名前の畑(※ただし、フォルスト村の場合”マリーエンガルテン”はフォルスト村のどこかの単一の畑を指すのではなく、集合畑(グロースラーゲ)を指す。[→ドイツのワインは、ある地域のいくつかの畑をまとめて、本来の畑とは異なる”集合畑”の呼称を用いることがある]。)で取れたリースリング種のワイン。福井市のヤスブン四ツ居店で購入。2,880円。

 逐一説明しないと分からないような長~い名前は「ドイツワインもちょっと興味あるなぁ」と親しもうとする人間に、非常に高い壁となって立ちはだかる。一度慣れると意外と大丈夫だったりもするものだけど。ラベルも地味でなかなか印象に残らないし。

※なお、どうやらフランケン地方に同じ"マリーエンガルテン"という畑があって、そちらは集合畑ではなくてちゃんとした特定の畑(アインツェルラーゲ)らしい。スペルも同一(Mariengarten)。ややこしいったらありゃしない。

 でも、そこは白ワイン王国のドイツ、白ワインではフランスのものでもちょっと味わえないような深い世界もやっぱり追求されてるみたい。

 例えばこんなのがあったよ!という面白いものを見つけた。興味があったらドイツワインの世界をのぞいてみるのも楽しいかもしれない。

›› 続きを読む
新潟。
 新潟県中越沖地震をきっかけに、ここ数日は久しぶりにシリアスな問題に色々思いを巡らせている毎日。

 直接現場に行っての支援や物資の支援は一見役に立ちそうだが、そう簡単にもいかないらしい。
→ボランティア・支援関係の窓口や留意事項について、こちらの記事にまとめてみた。

 コンビニに行ったら義援金の箱が用意されていたので、とりあえず義援してみた。同情の気持ちも大事なものだが、何らかのアクションを起こすことはさらに大切だと思う。

 …今回色々考えた結果、ハンドルネームを変更することにした。みながホッとするような、水のような名前のほうが良い。
でっかいプレッツェル。
(写真)巨大プレッツェルと普通のを比較する 大きな、極大ボリュームのプレッツェル。面白いので普通のプレッツェルと十円玉と並べて写真撮ってみましたよ。塩粒まで巨大だわ。

 味はご想像のとおり、というより想像以上に大味で、はっきりいって普通のプレッツェルよりマズい(笑)。塩のすき間が空きすぎてて、味のない部分も多いです。これだけ大雑把だと笑わざるをえません。でも、まずいと分かっていながら忘れた頃に無性に買いたくなってしまうのは何なのだろう?

pretzel2.jpgでっかいプレッツェルは"やまや"で購入。酒ディスカウンターとしては個人的にあまり興味を引く所がないチェーンですが、変な輸入食材が色々置いてあるのは楽しい。
御りょうり 離世(日本料理) 福井市
御りょうり 離世(福井市) 日本料理の伝統をきちんとふまえつつ、だからといって旧態依然とした型にもはまらない、素敵なお料理の数々。

 次々に繰り出される意表をついた趣向のお料理は、単なる思いつきの創作でなく、地に足がついた感じ。いまどきのダイニングと称するような料理店のように、質の劣る材料をアイディアだけでなんとかカバーしようとするような無理無理感がなく、安心してお料理を楽しめます。

 ほんのり華やか、きれいなイメージで統一されたお料理は、そのイメージだけでちょっと幻惑されたような気もしないではないですが、それもまた良いではないですか。管理人は楽しく幻惑されたクチです。

 足羽山の中腹にあるお店ですが、見える景色は例の福井の住宅街なので、あまり期待しないほうがいいかも。お店の中は広めの空間、テーブル席中心。2階に個室もあるようです。落ち着いて食事が楽しめます。テラス風の和風っぽい庭園というのはちょっと面白い。ややお手入れの手が足りていない?? きちんとお手入れすれば、お茶の点前等の趣向でも映えそうです。どなたか、世話好きで物好きで庭いじりが趣味の方とかいませんかー?

福井県福井市足羽1-8-9
11:30-14:00(LO13:30)
17:00-22:00(LO20:30)
※予約必須(当日予約可)
定休:月曜、祭日

hanase01.jpg※案内看板が分かりづらいので、気を付けていてもお店の場所が分かりづらいかもしれません。
 お店は足羽山の北側、「愛宕坂」と呼ばれる石段の登り道を2~3分歩いて登ったところにあります。駐車場は石段の登り口から西に100m弱といったところ。石段のすぐ近くの市営駐車場に停めると夜締め出されるような警告文がありますので、遠いですがおとなしくお店の駐車場に停めましょう。

※ウエディング等にも使われるお店のご様子。土日の空き具合は入念な確認を。

›› 続きを読む
大七 「生もと 貴醸酒」
大七「生酛 貴醸酒」
 大七は貴醸酒もすごかった。通常の大七のお酒の良いところが生きた深みのある味と香りは、甘さだけの魅力にとどまらない大人の味わい。後口が、これまでの他の貴醸酒にないすっきりとした感じ。お酒として本気で相手にするだけの価値があります。

 2001年醸造とありますが、香り、味とも古さはほとんど感じません。2~3年低温で寝かせた高級なお酒という雰囲気。お米の品種や精米歩合は書いてませんが、原型扁平精米で60とか、かなり磨いたお米を使っているんではないかな?(あくまで管理人の推測)。かなりきれいな口当たり。

 今まで貴醸酒といったら珍しさ半分、本気で飲めるお酒かと聞かれたらちょっと疑問符をつけざるを得ない感じだったのに…。貴醸酒の世界も、ここにきてようやく商品として勝負できるだけのものに成長しつつあるみたい。日本酒の世界がまた拡がった。

 数量限定、蔵での通信販売でしか入手できず、オンラインショップでもう売ってないのが惜しい。ちょっと値が張るけれどもう一本飲んでみたかった。来年もぜひ販売してください!!…と願う。

[参考]大七酒造(福島県二本松市)のホームページ(※ショッピングコーナーではもう貴醸酒は販売されていません。)
草喰 なかひがし(日本料理) 京都市左京区
草喰 なかひがし こういう「ちょっとした」良店に予約が殺到してしまう事実を目の当たりにするにつけ、京阪神の方には同情を禁じ得ないが、確かに良心的な、なかなか他ではお目にかかれない素敵なセンスのお店。

 一部の本で非常に持ち上げられている「おくどさんで炊いた白いごはん」については、丁寧に炊いてあるものの、それほど持ち上げる必要はないと思う。
 むしろこのお店は、店名にあるとおり、普段なかなか口にすることのない山野の恵みが色々楽しめる所や、まさしく料理の内容そのままのご主人の人柄が第一の魅力ではないか、と思う。

 ちょっと気難しそうに見えるご主人が料理の説明で口を開いた瞬間、ちょっと張り詰めていた店内の空気がいっぺんになごやかに緩んだように感じたのが印象に残っている。ご主人、貴重なパーソナリティーの持ち主とみた。


京都府京都市左京区浄土寺石橋町32-3(銀閣寺の正面の通り)
12:00-13:30 18:00-19:30(※予約必須)
※京都一予約が取りにくいお店との評判は伊達ではなく、毎月1日のみ、その翌月の予約を受け付けるという厳しい制限つき。管理人は6月に行ったのだけど、ということは予約をしたのは5月1日という寸法。朝8時の予約開始と同時に電話してみると案の定話し中。結局10時半になってようやくつながったが、1~2時間で全ての席が埋まってしまうというわけでもなさそうなので、あとは粘りと運次第。"ゴールデンウィークの真っ最中に暇なやつだのう"という突っ込みは置いといて。

›› 続きを読む
世界樹の迷宮(ニンテンドーDS)/アトラス
・「世界樹の迷宮」
[ニンテンドーDS/アトラス]


ニンテンドーDSといえば、最近「ゼルダの伝説」が出たばかり。管理人はゼルダも大ファンだけれど、ここしばらくはこちらのほうにじっくり取りかかっているところ。

 今風のキャラクターデザインで引く人も多いと思うが、ウィザードリィを中心にその他もろもろの中世ファンタジー風RPGの遺伝子を受け継いだ、一本筋の通った3Dダンジョン形RPG。電源入れた直後のオープニングの深みのあるBGMや漢字の多い難しげな文体からして、本格的な雰囲気が漂う。

 タッチペンを使って方眼紙にマップを自分で書く、という趣向が良い。こういうチマチマした作業の積み上げ、目標を達成したときの達成感を味わうのに非常に効いてくるのです。全滅で挫折感と徒労感を味わう、というのも久しぶりに味わった。じっくり腰を落ち着けてやってみるのもいいんじゃないかしら。

›› 続きを読む

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。