スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松鮨(京都市) ~京都「ならでは」の鮨の魅力とは
松鮨(京都市) うーむ見事。江戸前鮨の文化を巧みに吸収したものでありながら、なおかつ京都でしか成立し得ないような握り寿司に巻寿司。永らく夢想していた"京寿司"なる幻影のような存在に、これは最も近いかもしれない。
 ご主人の振る舞いは軽妙・簡潔でありながら懐が深い。また、鮨に対する仕事自体も、表面に現れた「古い仕事」以上に深い仕事、職人の矜持とはこういうものなのではと感じた。

 お勘定は、噂どおり目をむくような額になるのは確か。しかも、それだけの負担をしながら「大したことがない」「江戸前の鮨とはシャリが全然違う」と、必ずしも満足を感じない人も多いと思う。決して万人におすすめできるお店ではない。

 しかし、ここのお鮨、むしろ江戸前鮨に通じれば通じるほど、簡単には侮れない、かなり深い存在なのではないか。この鮨屋さん、単に江戸前の古い仕事が見られるといった単純な話で割り切れるお店ではない。

 一見江戸前の古い手法を使っていかにも江戸風の鮨を装いながら、その実、味の組み立て方にはかなり異なる手法を用いている感じ。なおかつ、異なる手法でありながら、味わいのポイントは江戸前の鮨と何ら変わる所はないという、二重三重に巡らされた思索の痕跡。江戸から遠く離れた京都の地で”江戸前鮨とは何か”真剣に考えた結果がここにあるのではないだろうか。

matsuzushi2.jpg松鮨
京都市中京区蛸薬師通柳馬場西入十文字町432-1
13:30~(日が暮れるころにしまう、とはご主人の談。)
定休:木曜

›› 続きを読む
スポンサーサイト
京都の銘菓~夏柑糖(老松)
夏柑糖(老松) 夏みかんを繰り抜いて中に夏みかんの寒天を流し込んだ、何とも酔狂なお菓子。肝心の味はどうなのかというと、いやはや。すごく美味しいです!
 柑橘系のゼリー・寒天でこれを超えるものは全国でもそうないのではないか?という位。
 管理人はこのお菓子を食べるのは初めて。食べる前、中の寒天はすごく甘ったるいんじゃないかというイメージを持っていたのだけど、実際に食べてみてまず印象に残ったのは寒天のみずみずしさと夏蜜柑の自然で上品な甘さ。必要以上の酸味をうまく抑えて、夏みかんの良いところだけが抽出されている。甘ったるいとかしつこいとかいう要素はまったくない。さすがは京都の老舗のお菓子。京都の夏の風物詩になるだけのことはある。これならわざわざ中身を繰りぬいて詰めなおすだけの価値がある。

 ガイドブック等にも結構載っているのに、写真では意外とその真価が伝わらず、どうやら割を食っている。数ある京都のお菓子の中でも筆頭格のポテンシャルを持ったお菓子と感じました。1個1,260円とやや高いのは否めないけれど、管理人はお値段以上の幸せを感じましたよ。

夏柑糖を販売しているのは、上七軒(北野天満宮のそば)と嵐山にお店のある老松
※わざわざ上七軒まで行かなくても、実は四条の大丸の地下で販売されているので、お急ぎの方はそちらへ。
黒ごまと竹炭の柿の種チョコ(無印良品)
kurotakekaki.jpg 最近、無印とかファミリーマートで重点的にプロモーションされている「黒バウム」。"真っ黒"という最初のインパクトはあるものの、それ以上の感興があるかというと意外とそうでもない感じ。
 ボーッと眺めていたら、他にも同時に出荷されたとおぼしき竹炭製品を複数発見。中でも"黒い柿の種"、形といい色の微妙さ加減といい異質感満点。売り場の中でこのゾーンだけやたら禍々しいオーラを放っている光景は、ある種趣がある。思わず、柿の種に手が伸びてしまった。

 家に帰って食べてみると、味は意外と普通。というか黒ごま風味がかなり美味しく、意外とおすすめだったりする。こういう商品で味が良いのは有難いような有難くないような。
スープカレー 心 大和田店(福井市)
Soup Curry 心(大和田店) 以前はコンビニのレトルト製品でも見かけたこのお店、金沢のフォーラスでも何か見かけたなーとか思っていたら今度は香林坊に出店、石川では3件目になるそうで。金沢で食べたときは「正直、金沢に出かけてまで食べるものでは…」何て感じもしたけれど、近所にオープンするのは歓迎なお店。
 金沢で骨付きチキンのカレーを食べたので、今回は「14種の野菜のスープカレー」。ライスは白米と玄米(100%)、どちらかをチョイスできる。ここは玄米を選択。飲食店で玄米100%というのは珍しい、タダの健康志向で玄米を使ってる訳ではなかろうという推理をしてみる。
 食べてみると、果たして、玄米というのはちょっとパサパサしているのでスープカレーと良く合うのだ。考えたナ。野菜自体に特別な感動はないけれど、野菜のエキスがたっぷり染み出たカレーのスープはやさしい印象になって面白い。お店の外装・内装もチェーン店なのに落ち着いたデザインでセンスも良く、とても好印象。気軽にふらりと寄ってみるとか、いろいろなシチュエーションで使えそうなお店だ。

soupcurry2.jpgスープカレー 心 大和田店
福井市大和田町30-9
11:00-22:00(LO21:30) 無休


›› 続きを読む
瓢亭 別館 (日本料理) 京都市南禅寺
※後日、瓢亭本館(本店)のほうにも行ってみました。(→本店の記事はこちら

※瓢亭別館は2008年1月に店内が椅子席になってリニューアルオープンした模様。弁当のお値段もちょっと上がったみたい。この記事はリニューアル前のもの。(2008/2/6追記)

瓢亭別館(京都市) 松花堂弁当松花堂弁当(4,620円)

 ここしばらく、種々の都合で京都に通うことが多くなりそうだ。お店も結構まわれそう。「福井の人間がこれを食べたらどう感じるか?」というスタンスを心の片隅に忘れないで食べてみたい。

 ということで、最初に行ってみたお店は、かの"瓢亭"である。京都というと「一見さんお断り」という旧態依然としたイメージを漠然と持ってしまうが、よく調べてみるとこういう重みのあるお店でもほぼ必ず一般客向けのお手ごろなメニューが用意されていて、誰に対しても門戸が開かれているのはうれしい。弁当で4千円台かよ、という当たり前の突っ込みはさて置いて、お店の看板メニュー"明石の鯛の造り"と、絶妙な火入れ具合の"瓢亭玉子"がどちらも入って手抜きは一切ない。お店の味だけ知るには十分な内容と感じる。

 さすがは看板の明石の鯛、福井に住んでると魚の新鮮さにはそれほど感じるものはないのだけど、刺身の切り付けの技術にはやはり見るべきものがある。ヌラっと光った切り口の断面、口に入れると非常にナチュラルな舌触りで、書物で見かけることがある「刺身は切りつけの技術で味が変わる」というのは本当だなあと思った次第。
 名物の「瓢亭玉子」も、きちんと火が通っている白身と、黄身のレアさ加減の対比は見事。ただし、今時気鋭のラーメン屋さんで似たようなものが味わえるお店はあると思う。クオリティは確かに気鋭のラーメン屋よりも一枚上手で、箸でつかもうとしたときの「えっ」という柔らかさ加減はあらかじめ知識があっても楽しめる経験だが、わざわざ瓢亭にこの玉子を食べに行くというのは「別にそこまで…」という感じ。焼き魚(おそらく、鱒)の適度にレアな焼き加減は見事でした。

›› 続きを読む

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。