スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初味寿司 本店(福井市) ~福井の魚市場は、実は結構面白いらしい。
初味寿司 本店(福井県福井市) 築地直送の大トロ 素敵なお寿司屋さんを福井で見つけた!高いメニューでも安いメニューでも全力投球でその日の美味しい魚を提供してくれる、うれしいお店。

 看板になってるのは、築地直送のミナミマグロの大トロとか、お寿司以外だと季節限定のモクズガ二(九頭龍ガニ)料理とか。だけど、それ以外のお魚にも相当こだわってるのが素人目にもわかる。白身とかは種類を固定せず、その日の質の良い魚を選んで置いているみたい。こぶ締めにした若狭の甘鯛(若狭ぐじ)がコンスタントに食べられるのも良い。
 また、あまり宣伝されてないけれど、かんぴょうは自家製。注文しないと通常は出てこないけれど、手間のかかる地味な仕事、ちゃんと成果が出ています。ナチュラルなかんぴょう巻、頼んでみる価値あり。

 お店の方は、ベテランの御主人を筆頭にすごく気さくな方ばかりで、揃いもそろって相当な魚好き。この人たち、1日中お魚のことばかり考えててもぜんぜん飽きないんだろうなーという感じ。
 「同じ種類の魚でも、一番良いランクからそうでない格付けのものまで色々。値段の安さを重視して素材の味とか質に頓着していないようなものが出回るご時世だし、せめてこういう所では良いものをお出しして、本当の魚の味を知ってもらえれば」というのがご主人の談。今の時代にあって、そういう考え方をしてくれる人はうれしい。その言葉はうわべだけのことではなくて、特上を頼んだときに「この脂が乗りまくった見慣れない魚は何?」と思って聞いてみたらサワラだったり(もちろん美味でした)、とか。ヒラメの縁側を親切におすすめしてもらったのは、このお店が初めて。全てが全てこうではないのだけれど、ちょっとしたサプライズがさりげなく潜んでいる。

 こういう感覚は安価なメニューでも徹底していて、握りの「盛り合わせ(いわゆる「並」)」にお料理を加えたコース(葵コース)を頼んで「なーんか今日は見慣れない白身が入ってるなあ」とか思って食べてみると、馬鹿にできない旨み。これは何かと聞いたところ、「カレイの縁側です。マツカワガレイ(松皮鰈)」と。帰ってからネットで調べてみたら"幻の魚"…。そんなの握り(並)で出しちゃってもいいのかしら。

 お店の人曰く、福井の市場(福井中央卸売市場)は結構頑張っているらしい。1級品のお魚はたしかに金沢に流れてしまうのだけど、変わり種の魚は結構福井に残るらしい。それに、越前港から魚が入ってくる時間の関係か、少し遅い時間に「二番ぜり」というのがあって、そういうのは他の魚市場ではあまりみられず、面白いらしい。見慣れないネタがあったらお店のひとに色々聞いてみよう!手が空いていれば、懇切丁寧に語ってくれたりするかも?

 ちなみにお寿司だけでなく他のお料理もたいしたもの。ノドグロの塩焼きとかも扱っている。お料理数品と握りをセットで楽しめる「葵コース(3,150円)」は、値段の割に満足感があって「今日は美味しいものを食べたー!」という気になる。ダダミとじゅんさいのお吸い物、素敵な組み合わせです。揚げたえびいもとギンナンの煮物にオクラのあんかけがかかった一皿は、やわらかーいねっとりとした食感。随分煮込むのだろうなー。でも、築地の大トロは握りの特上(3,150円)を頼まないと付いてこない。迷うところだ。個別に頼むといかほどになるのかしら。

初味寿司 本店(福井市)初味寿司 本店
福井県福井市みのり2-3-12
12:00-AM0:00(LO)
定休:日曜

※土曜など、のれんがかかっているのに看板の明かりがついてないときがあるが、その時お店は「貸し切り」。夜半、頃合いになれば通常営業に戻ることも。
※大宮、呉服町に支店があるけれども、それぞれのお店は全く異なる感じ。メニュー構成も異なる。大宮店は庶民の味方、呉服町店は片町を訪れるサラリーマンの憩いの場といった感じ。
スポンサーサイト
ピリオド楽器による、ホルスト「惑星」。
ホルスト:組曲「惑星」、セント・ポール組曲
ロイ・グッドマン指揮 ニュー・クイーンズ・ホール・オーケストラ
[CARLTON CLASSICS 30366 00432]
 ピリオド楽器による素直な響きが妙に心地良い佳演。いい演奏で話題性もあっただろうに、日本では意外と紹介されてないみたい。レーベルのせいかしら。

 インマゼールのラヴェルほどではないけれど、弦楽合奏にちょっとひんやりするような、不思議に清涼な空気感がある。ジュピターの例の有名なメロディーは気取ったところがまるでないのが良い。この旋律を俗っぽく歌い崩すのは、よく分からんが本筋から外れているように思う。
 カップリングのセント・ポール組曲も清楚で簡素な佳曲。対位法の扱い方は近代の作曲家ではかなり出色では、という感じ。

 ニュー・クイーンズ・ホール・オーケストラといえば、かなり以前、ノリントンと同じ頃というえらく早い時期に、ピリオド楽器によるワーグナーの録音をリリースしていたのが記憶に残る(1995年録音)。よく見たら「惑星」の録音も96年のものだったりする。もう活動してないのかなーなんて思っていたら、2006年になって、自主制作レーベルでブラームスの交響曲第2番をリリースしたみたい。まだ元気に活動しているのはとてもうれしい。買うのはちょっと手間がかかりそうだけど、何とか入手してみたい感じ。

wagner-nqha.jpgワーグナー:序曲、前奏曲集(リエンツィ序曲、タンホイザー序曲、ローエングリン第1幕の前奏曲、トリスタンとイゾルデ第3幕の前奏曲、ニュルンベルクのマイスタージンガー序曲、パルジファル第3幕の前奏曲と終曲)
バリー・ワーズワース指揮 ニュー・クイーンズ・ホール・オーケストラ
[CARLTON CLASSICS 30366 00982]
小松弥助(寿司) 石川県金沢市
鮨処 小松弥助(石川県金沢市) さすが。「本当のお寿司を食べた!」という満足感は、どのお店もかなわないのではないか。
 仕事をしたお寿司が生の素材より美味しいと、ここまではっきりと感じさせられたのは初めて。職人の仕事が、ただひたすら目の前の食材の持ち味をより美味しく味わわせるためになされている。ご主人の握りのフォーム、無駄のない動きが"美しい"と感じたのもはじめて。予約が満杯でなかなか予約できず、粘り強く機会が合うタイミングを待っていたのだけど、粘った甲斐があった。ご主人の接客ともども、気持ちの良いお店だ。

 ところで、営業時間が変わってお昼だけの営業になったみたい。その分昼の営業時間は延びたので、お酒を飲む人はさみしいかもしれないけれど、純粋にお寿司を食べたい人が多く入れるようになるんじゃないかな?個人的にはうれしい。

yasuke-2.jpg鮨処 小松弥助
石川県金沢市池田町2-21-1
(アパホテル金沢片町の1階)
11:30~17:00
定休:水曜、木曜

›› 続きを読む
ブルーチーズポテトチップス(カルビー)
 久しぶりに出ましたねー。前にも出てたはず。パッケージのデザインが非常に洗練されていて素敵。今回は以前よりさらにブルーチーズの鮮度が増した感じ。好きなひとはたまらんだろうが、嫌いな人は香りからしてダメでしょう。管理人は結構好みで、再発は大歓迎。大人の味ですなぁ。
モーツァルト:ジュピター交響曲のお気に入りCDは結局これだったりする。
 いやー、モーツァルト・イヤーも残り1ヶ月を切りましたねー。モーツァルト/ジュピターのCDでは、今年前半ガーディナーとミンコフスキのCDが出た。どちらも手堅くまとめた印象で、ミンコフスキも、テンポは速めだけど響きは(録音のせいもあってか)やや保守的な印象がして、新鮮な印象は意外になかったというのが正直なところかな。

 ここ数年、ジュピターの録音で個人的にお気に入りなのはこのCD。ちょっと変化球かもしんないけど。
モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」、交響曲第41番「ジュピター」(室内楽版:フンメル編)
ロバート・ヒル(fp)、アンサンブル・ロトチェント
[MD+G 605 0858-2]

 フルート1、ヴァイオリン1、チェロ1とフォルテピアノによる室内楽編曲版。ピリオド楽器による風通しの良い編成の、快速なテンポによる、落ち着いた雰囲気ながら気分は妙に晴れやかになる演奏。曲の構造が隅々まで良く見えて楽しい。編曲は、主要な音はかなり拾えているのではないか、楽器四つでよくぞここまでという位なのに、フルートもフォルテピアノも全体から突出せずバランスが取れている。実にいい仕事。多少ピアノのパートが厚めなのも華があっていい感じ。ロバート・ヒルのフォルテピアノは、MAK脱退直後の激しさはないけれど、きっちりいい仕事をしている。4楽章のフーガを、フーガとして落ち着いて楽しめる。併緑の「プラハ」も快速、軽やか、爽やかで聴いていて心地良い。構えずに何回も楽しめる、お気に入りのCD。

 モーツァルト・イヤーは1か月を切ったけれど、CDの世界は実はこれからが面白かったりする。モーツァルト・イヤーの収穫がCDになって本格的に出始めるのはこれから。面白い試みのCD、何か出ないかな。

›› 続きを読む
森六(蕎麦) 福井県越前市 ~強烈な弾力にノックダウン。
森六(福井県越前市) おろしそば 福井県で唯一、行列のできるお蕎麦屋さん。明治4年創業の老舗。行列も納得、本気で美味い。並んだ割には…って思わせるお店、結構多いんですけどね。材料がどうこうなんて置いといて、理屈抜きに舌が「美味い」と喜んでる。こういう商品を出す店は強い。典型的な「越前おろしそば」のお店ではここが一番好き。

 見た目は何の変哲もないおろしそばなんですけどね…。一口食べれば違いは一目瞭然。麺の弾力、ゴムのように勢い良く歯に伝わってくる。そして直後に表れる適度なモチモチ感。ただ弾力がある訳ではないのだ。「噛み締める」魅力というのか、これはうどんはもちろん、他の蕎麦屋すら及ばない独自の境地。極められている。

 もちろん、細かいことを言えば、おろしの材料の大根を季節に合わせていくつか品種を使い分けたりブレンドしたり、蕎麦粉にしても「自家製粉はじめました」とかお店に貼ってある訳で、細かい努力の積み重ねがあって初めてお店のクオリティが維持されてるんだなーと頭が下がる思い。老舗の看板に寄りかからない珍しいお店。素敵です。

moriroku-1.jpg森六
福井県越前市粟田部町26-20(旧今立町です。)
11:00-17:00
定休:毎月6・16・17・26日

※限定20食で、細打ちのお蕎麦「せいろ」がありますが、せいろを食べるなら「おおくぼ(福井市)」とか「更科藤井(金沢市)」とか、専門の店で食べるのが良いでしょう。この店の本質は間違いなく「おろしそば」。

›› 続きを読む

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。