スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェステティーチ四重奏団 最初に聴くならコレ。
ハイドン:エルデーディ四重奏曲op.76(全曲)、ロプコヴィッツ四重奏曲op.77(全曲)、弦楽四重奏曲第83番 変ロ長調op.103
フェステティーチ四重奏団(Quatuor Festetics)
[ARCANA A419(3枚組)]

 3枚組なので、ちょっと買うのを躊躇する人もいると思うのだが。しかし管理人は、この3枚組でハイドンに対する価値観がすっかり変わってしまった。自信を持ってお薦めする。ハイドンって、なんて豊かで楽しいのだろう。

 この録音を聴くと、モザイクSQ、クイケンSQ、カルミナSQ等、他の演奏がいかにハイドンの魅力の重要な部分をそぎ落としているかが、またそこまでしてバランスを整える(上品な演奏に仕立て上げる)ことの無駄さ加減がすっかりバレてしまうという、ハイドン演奏史上画期的な、10年に1度の名盤と言ってもまだ褒め足りない位エポックメイキングな演奏。現代の洗練のイメージからかなり離れたローカル色の強い音色(ハンガリーっぽい?)に最初面食らう人もいるかもしれないが、思い切って買う価値は十分にある。

 説明では良く聞く「ユーモアたっぷりの、あたたかい、豊かな音楽」という、理想的なハイドンのイメージをここまで実際に楽しめる演奏はない。(管理人はこの録音を聴くまで、そんなイメージは机上で考えた幻想のようなものと思ってたんですけど。)

 弾いている演奏家自身が、最初から最後まで実に楽しそうなのだ。この愉悦感は、他の録音ではほとんど味わえないものだ。またこの四重奏団、偶然か意図的かは知らないが、自分達の歴史の中でもちょうど脂の乗りきった、一つの頂点とも言える時期にタイミングよくハイドン弦楽四重奏の最高傑作、エルデーディ四重奏曲を録音したことになりそうだ。ハイドンを最もメインのレパートリーとして、ライフワークのように全集録音の完成を目指しているこの四重奏団にとっては演奏家冥利に尽きる、という感じなのではなかろうか。

›› 続きを読む
スポンサーサイト
新保屋(蕎麦) 福井県坂井市
新保屋(福井県坂井市) 大根とは、暴力である??

 たかが大根おろしと侮るなかれ。ここは、それほどなのです。
 外見上、何の変哲もないおろしそば、なのだが…。

 信じられない位、辛いのですよ、大根おろしが。たかが大根おろし、が。わさびや並の唐辛子より強力。恐るべきレベルなのだ。口、痺れますよ。

 しかし、この辛いおろしと蕎麦の組み合わせ、意外にもかなり合うのだ。相乗効果、単なる1+1=2以上の効果が出ているのが、ほぼ間違いないのだ。長野県に「おしぼりうどん」という辛味大根を使ったうどんがあるが、この相性の良さはうどんでは味わえない。お蕎麦の味があまりしないにもかかわらず、このおろしには「蕎麦」が必要なのである。悔しいが、ふと無性に食べたくなる位、中毒性も満点である。

新保屋(坂井市) おろしそばおろしそば(※写真左上の器。大根おろし(搾り汁)が入ってます。おろしそばの単品を2つ以上注文すると、こんなふうにおろしが別に出てきます[大盛を頼むとこのように出てきません]。)

新保屋
福井県坂井市三国町山王2-9-39
11:00-18:00 定休:月曜、第3日曜
※あわら市にも同じ新保屋があります。どちらが本店ということはないみたいです。

›› 続きを読む
通りすがりの方から(福井のラーメンについて)
通りすがりのブログ閲覧者様から意見をいただきました。
博龍軒もがんこ雅も、麺では頑張ってるはないですか、と。

 たしかに。雅は言うことないです。頑張っておられます。それに越前中華も野田拉麺も、一捻り以上のものを持っていると思います。いずれはまたエントリーを立上げるかも。
 ただ、通りすがりの方も言ってましたが、「極細」とまではいえない麺ばっかなのですよ。来々亭も、いま一つ極細には至らない感じ。真竜ラーメンは極細ではあるのだけど…麺のコシがないのは麺が細いせいではなくて、店主のラーメンに対する思想によるものです。細い麺はやっぱりコシがなくってラーメンぽくないと、福井の人に誤解を与えてしまってるような気がして、気になります。
 また麺のアルファ化(つるつる・しこしこ感や透明感)にこだわる人はこの辺でも多いんだけど、自分は小麦が香る、芯のあるような麺のほうが好きな、ベータでんぷん野郎なもので。生煮えじゃんとかいわれても、消化が悪くても。こっち方面でこだわってる店はがんこラーメン雅と野田拉麺位しか知りません(来来亭は中途半端)。

赤のれん ただ、豚骨ラーメンに関しては、やはり福井は後進県なのは間違いなくて。一風堂や一蘭のようなライトなとんこつではなくて(あれでもライトなのですよ)、博多の「赤のれん」節ちゃんとか、向こう三軒両隣に異臭を撒き散らすほどのケモノ臭さと、脂ではなくてゼラチン質でこってりしてるようなコアな豚骨ラーメンの魅力にとり憑かれてしまった人間としては、金沢にすらそういう店があるのに、福井にないのが口惜しい限りなのですよ。

 博龍軒、分かってやっているのでしょうが、あのスープと麺は、福井でも営業が成り立つよう味の調整を重ねた結果、博多のラーメンとは全く別物になっています。博多ラーメンを福井で紹介するという歴史的役割は十分に果たしたのでしょうけど。さっぱりして臭くなくておいしいという人が大多数ではあるのですけどね。だったら何のために豚骨スープにするのかという感じもします。せめて一風堂レベルの豚骨ラーメン店が福井に欲しいのです。30秒以内に替え玉の出る店が。そして、麺のゆで具合に「粉落とし」を指定できる店が。
アルテミス四重奏団 シェーンベルク「浄められた夜(浄夜)」
 浄夜 弦楽六重奏版、久々の名盤。ようやく、ラサール四重奏団の名盤に対抗できる演奏が現れた。

artemis-verk.jpgシェーンベルク:浄められた夜(浄夜)、リヒャルト・シュトラウス:弦楽六重奏曲(歌劇「カプリッチョ」より)、ベルク:ピアノ・ソナタOp.1(編曲:弦楽六重奏による)/アルテミス四重奏団、トーマス・カクシュカ(va)、ヴァレンティン・エルベン(vc)
[VIRGIN CLASSICS 0946 335130 2 0]

 透明感・清潔感のある、かといって音色の艶やかさなど、この曲に必要な質感にも事欠かない、素晴らしい演奏。現代という時代の空気感を捉えているという意味では、今後はラサール四重奏団の往年の名盤より、こちらを推したい。

 時代を反映してか、全体的にヴィブラートが控えめ。このことは、シェーンベルクの演奏にとっては完全にプラスに働く。また、前半に盛り上がる場面が集中するのだが、ヴァイオリンなどかなり勇気をもって大きくポルタメントしているのが大正解(ポルタメントは、控えめながらそこかしこに隠し味として効かせてある)。なんと美しいシェーンベルクか。グールドのような青白い美しさでもなく、カラヤンのようなふくよかさでもなく、血の滴るような、怜悧で妖しい美しさ。

 ゲストの2人がアルバン・ベルク四重奏団のメンバーということからも分かる通り、解釈の基本はラサール四重奏団の延長線上にあるが、時代の流れを踏まえた新たな解釈がしっかりと積み重ねてある。21世紀に至って、歩みは遅いもののシェーンベルクは着実に「クラシック」音楽の仲間入りをしつつあるのが確認できる。アルテミスQ、今後の大注目株である。
(心の洗濯中)
記憶とは、薄れゆくもの…
だから人生、生きてゆけるのではないか。
けんぞう(蕎麦) 福井県永平寺町
手打蕎麦 けんぞう けんぞうそば ここもうまい。麺の出来、かなり良いと思う。
 どこかのサイトでここは生粉打ちだという記述もちらっと見たような気もするが、麺の歯ざわりが随分しっかりしているもんで、どうだろね。場合によっては昔生粉打ちをやっていて、今はちょっとアレンジしているというパターンもあるだろう。で、実際どうなんだろ。細かいことはどうあれ、当時その場で「この麺やるな」と思ったのは確か。(後日追記)

 「けんぞうそば」(写真)は、辛味大根の汁と濃い目のだしが別々に出てくる。大根汁に、お好みの量だけだしを入れてくださいという趣向。辛味大根、辛味かなり出てます。おろしそばのおろしが辛いのは大歓迎。大根の汁だけで食べてみるのも、また面白い。

けんぞう
福井県吉田郡永平寺町松岡春日3-26
11:00~14:00、17:00~19:00(土日祝11:00~19:00)
定休:月
全国初 山廃×山廃の貴醸酒 福千歳「酒×酒(chou-chou)」
福千歳「酒×酒(chou-chou)」 酒を仕込むとき、通常水で仕込む所、水の代わりに酒を使って仕込む。つまり、酒を使って酒を造る、このような造り方の酒を「貴醸酒」といいます。

 昭和時代に国税局醸造研究所が平安時代の資料を元に開発した製法で、比較的新しい酒の作り方です。非常に味の濃い、甘~い酒ができます。
 山廃仕込が売りの福千歳(田嶋酒造)では、今回この酒を初めて全て山廃で作ってみましたと、こういう訳ですな。

 で、味はというと、甘味は強いものの、ただ甘いだけではなく非常に引き締まった良い味になってます。山廃特有の米の旨みや渋みが存分に出ていて、いやはや大人の味ですなあ。箱も瓶もお洒落な感じを演出していて、この蔵らしくない??けれど、酒の感じには割と合ってます。

「福千歳」田嶋酒造(株)[福井県福井市]のホームページ

›› 続きを読む
ラーメンうえだ 福井県坂井市
ラーメンうえだ(福井県坂井市丸岡町) 北陸のトンコツラーメン店では随一。九州とはスープの仕上がりがやや異なるが、豚骨のダシが十分に取れていて「本格的なとんこつを食べた」充足感が味わえる。

「ラーメン(とんこつ・塩)」
 とんこつ好きの私の一押し。豚骨のダシがさりげなく、しかししっかりと効いた、ボディのあるスープだ。豚骨特有の臭みもほとんど感じられない。味付けがかなり控えめなので薄いと感じる人もいるだろうが、豚骨の風味をストレートに楽しめて、とんこつ・醤油より私の好みだ(なお、この店のとんこつ・醤油やとんこつ・味噌は醤油や味噌の味が強すぎて折角のトンコツ感がちょっと楽しめない)。
 なお九州のとんこつスープとは、まるで思想から違うかのようにかなり異なる。スープの口当たりと後味はさらさらしているが、全体的な印象はやはりこってりという独特のスープ。九州風のとんこつラーメンは私の大好物だが、こういうとんこつスープもあって悪くないと思う。形は違っても、これは紛れもなく「とんこつスープ」の味だ。

 この店のメニューはちょっと自由な感じで、とんこつ・トリガラ・和風トリガラの3種類のスープ、いずれも醤油・塩・味噌いずれの仕上げを注文することができる。3×3で、9種類のメニューがあるわけだ。「とんこつ・醤油」「トリガラ・味噌」のように注文する。このメニューの分類は、よくあるラーメン屋のように「醤油、味噌、とんこつ」とダシと仕上げの区別もわからず惰性でメニューを作ってる雰囲気がなくて、割と好印象なところ。

福井県坂井市丸岡町里丸岡3-4
11:30-14:00 17:00-23:00 定休日:月曜(月曜祝日の場合、火曜休)
※以前は昼間やってない時期もあったが、今は営業してます。

›› 続きを読む
ヘルシアウォーター
 えーと、そもそも味が食品として成立してません。体がもはや「これは口に入れてはいかん」と警告を発してます。おまえは名古屋「マウンテン」の甘口スパゲティか。
 エコナクッキングオイルもそうだけど、こういう物を「健康に良い」と言っているように見せかけた、「まぎらわしい表示」で大量に売りさばくのは、とでも良いことには思えない。

 特保の許可表示「エネルギーとして脂肪を消費しやすくする」に至っては、二の句が次げない。こんな許可表示を許してしまう厚生労働省も理解できない。自分(役所=腐っても親方日の丸)の社会的影響力考えろよって感じ。
 仮に許可表示が一定の真実を含むものだとしても、こんな怪しい表示をする会社の「カテキン500mg」という表示だって怪しいものだ。何かトリックがあるに違いないと邪推されてもやむを得ないだろう。

 「えー、でも"あ○あ○大辞典"で効果があるって言ってたよー」などと寝言を言う人は、このサイトを見て早く目を覚ますこと。
発掘?あるあるトンデモ大実験

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。