スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンフレート・クレーマー お気に入りのヴァイオリニスト。その2
マンフレート・クレーマー その1はこちら。

J・S・バッハ:トリオ・ソナタ集 マンフレート・クレーマー(vn)/レア・フルーツ・カウンシルJ・S・バッハ/トリオ・ソナタ集
マンフレート・クレーマー(vn)/レア・フルーツ・カウンシル
[naïve ASTRÉE E 8804]
 さて、マンフレート・クレーマーのとっておきのJ・S・バッハのアルバム。バッハのオルガン作品と室内楽曲からの編曲もののトリオ・ソナタ集である。
 オルガンのためのトリオ・ソナタ集からBWV527・BWV530、フルート・ソナタBWV1030、ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタBWV1029等からの編曲。

 演奏を一言で言えば「ノリノリ」か。こんなカタい曲で「どうしたの?」と問いただしたくなるようなノリのよさ。「このひと気分にまかせて弾いてるんじゃない?」という位、感覚的にバッハを弾いているように聴こえる。リズムの取り方も「過激」は言い過ぎかと思うが、かなりアグレッシブなアプローチ。
 あ、こう書くと何かポップスとかクロスオーヴァーまがいの演奏をしてんじゃないかと取る人もいると思うが、そんなことは全然ないというか、純然たるクラシック愛好者向けの演奏。ただしピリオド楽器演奏の中でも最も過激な解釈の1枚なのは間違いなく、好きな人は好き、嫌いな人は徹底的に嫌いになる演奏ではある。

 が、単純にノリが良いだけで薦めるのではない。自分だけかもしれないが、このCDを聴いて、新しい知的な出会いがあった、と考えるからである。

›› 続きを読む
スポンサーサイト
こういう企画、大好きです。ぜひ続編を。
 今日、J・S・バッハ関係のすごいサイトを発見。バッハ好きと自称していながら、こんなサイトの存在に今まで気付かなかったのは不覚。が、サイト管理人のバッハ好き度の高さと質の高いコンテンツは、「同じバッハ好き、頑張ってるなー」とかなりのうれしさを覚える。
 「朝歌」http://www.geocities.jp/choka_lute/

 「うんうんそうそう。そう言いたかったのよねー」と唸らされるバッハのCD評が多数。曲ごとに評価もついてるんだけど、評価・順番のつけ方ともおおむね同意。「今」という時代に生きた評価だ。(特にチェンバロ・オルガン奏者の項は全く同意。フルート奏者は最近のヴィルベルト・ハーツェルツェトの一連の録音(GLOSSA)が圧倒的に深みを増していて、個人的にはこちらのほうが好み。そういうのは人の好き好きってもので。とにかく、初心者はここの評価に従ってCDを購入すればまず間違いないのではないか。)

 同じサイト管理人のブログ「海の星」では、「ブラ2最強戦」という題名でバッハ「ブランデンブルク協奏曲第2番」の演奏のトップ3(+α)を紹介しているが、こういう企画、大好きだ。次の最強戦を楽しみにしてます。

 せっかくなので、ブラ2最強戦で紹介されてなかったブラ2のCDを1枚紹介。割と最近の新譜。これもまた良い演奏なのだ。

›› 続きを読む
Manfredo Kraemer お気に入りのヴァイオリニスト。
「その他のフォリア」ジョルディ・サヴァール(gamb)、マンフレート・クレーマー(vn)「その他のフォリア」
ジョルディ・サヴァール(gamb)、マンフレート・クレーマー(vn)/エスペリオンXXI
[ALIA VOX AV 9844]
 マンフレート・クレーマー(Manfredo Kraemer)は、お気に入りのヴァイオリン奏者だ。感情のノリ・勢いにまかせた、スリリングな演奏が楽しめる。技術がないわけではないが、勢いにまかせたまま細部の詰めが甘かったり、演奏の出来にかなりムラがあるような感じだけど、とにかく、イキがいいのだ。

 この人、国内のサイトでは意外とコメントが少ない。能力があるのに意外と保守的にバランスよく演奏をまとめ、何かともどかしいアンドルー・マンゼより、ピリオド楽器のヴァイオリン奏者としては、よほど"今"聴く価値、あると思う。(タルティーニ「悪魔のトリル」を聴く限り、マンゼもやれば色々できるはずなんだけどね…。)

 今回久々にクレーマーの当たり演奏の新譜が出た。しかもコレッリとヴィヴァルディの「ラ・フォリア」で、近年にないアグレッシヴ系のアプローチ。嬉しいので色々書いてみる。

›› 続きを読む
サークルK「具だくさん海鮮包」
肉まんコーナーで発見。外見地味ながら具が大きめ、かつボリュームも適度。食感も楽しませてくれる。紙には井村屋のマークが。井村屋、久々の本格ヒットでは。ちと高いが。



日記、続けることの大事さ
スローブログ宣言! 鈴木芳樹 著/技術評論社
スローブログ宣言
 昨日買って、今日1日かけて思わず全部読んでしまった。
 前半の「ブログ成立の歴史」めいたお話も大事でありがたい話。だけど終盤にさしかかってからの、著者の個人サイト(日記)運営の経験をもとにした含蓄のある話にグイグイ惹かれる。
 荒らし行為、炎上(フレーミング)、2ちゃんねるへの対応など、一時的な閲覧者の増加に対する違和感を唱え、日記的な身辺雑記を、誰に対してでもなく、自由に書き続けることの大切さを説いてるんだけど、何か大人の視点で確実に自分の論を展開してて、いいなって素直に憧れる。「インターネットは、早い者勝ち?」といった疑問とか、コメントに一つ一つ対応することへの違和感とか、いつもふと疑問に思ってるところ、何かかゆい所に手が届く感じで、とてもリラックスして最後まで読めた。
 日記を書くことも、大事だ。毎日ってのは性格上無理だけど、何か、たわいもないことでもアップする勇気を、続ける勇気をもらったことは確かだ。
黒龍 大吟醸「石田屋」
黒龍酒造ホームページhttp://www.kokuryu.co.jp/
商品紹介(由紀の酒)http://www.yukinosake.com/02-09-kokuryu.html

 トンガったグルメというのは、何もB級グルメばかりを指すのではない。
 値段的にA級であろうと、その価値が少しでもありそうだと考えるものには、とりあえず足を突っ込んでみる。

 「いい歳になって床柱を背にして料理を食べたことのない人間は、食に対する真剣さが足りないのではないか」…魚が苦手ゆえ、本格的に和食を食べる機会のない私が、魯山人の色々な著作からとりあえず学び取った大意。

 食に対する「真剣さ」!…いまだに床柱があるような店にすら行ったこともないが、高いものに対して、高いというだけでアレルギー反応がでることは、不思議となくなった。現在のところ、座右の銘No.2に位置している。(No.1は「上善は水のごとし」。)

 さ、言い訳はこの位にして。
 つまりその、まあ高いお酒を買っちゃった訳ですハイ。
黒龍「大吟醸 石田屋」黒龍「大吟醸 石田屋」

›› 続きを読む
ブログの題名で迷う。
 ディオニュソスじゃ知らない人は呼びづらいし覚えづらいな、とブログ名の変更を試み、「ワイン倉庫」とか「回転運動」とか変えてみたが、ますます何のサイトかわからなくなったため、ディオニュソスに戻す。



喫茶マウンテン(洋食…??)名古屋市
 名古屋の「喫茶マウンテン」。ミステリアスな魅力に取り付かれ、向かった者は遭難するものが後を経たない、という秘密の喫茶。って、周りの人に聞いたらみんな意外と知ってんじゃん。が、実際に行った人は周囲ではいないらしい。気になって仕方がないので、こないだの日曜に行って来ました。
喫茶マウンテン 写真その1
甘口いちごスパの御近影

›› 続きを読む
メンデルスゾーン再考
メンデルスゾーンメンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第1番・第2番/モザイク四重奏団
[ASTRÉE E 8622]

 今年はモーツァルトの記念の年(生誕250周年)。テレビ・新聞の騒ぎ方の凄さといったら何だろう。97年のシューベルト生誕200年や、2000年のバッハ没後250年のときは何も反応しなかったくせに。

 やっかみは置いといて、それにしてもマスコミの「モーツァルトの音楽だけがクラシック界で飛び抜けて質が高い、クラシックといったらモーツァルトがすべて」みたいな報道はいかがなものかと。モーツァルトも、とっつきやすい曲だけじゃなくて、クラリネット五重奏曲とか最期のピアノ協奏曲とか、通向けでも他の追随を許さない、決定的な曲がいくつもあるのは認めるんだけど…。

 他にも、クラシック界にはこりゃすげえとしか言い様のない作曲家はたくさんいる。興味のない人が大半の一般大衆向けの報道とはいえ、「他に選択の余地なし」的報道をするのは、一過性のブームを吹かせればそれでいいやという雰囲気が筒抜けで、相当に嫌な感じ。

 ということで、全然記念の年じゃないフェリックス・メンデルスゾーン(1809-1847、ドイツ)のこと。

›› 続きを読む
アキバ名物おでん缶、石川県で発見
おでん缶

知ってる人は知っている、秋葉原名物「おでん缶」を割と近所に発見。福井県じゃなくって石川県の山中町にて。

おでん缶を知らない人は
http://www.akibablog.net/archives/2005/11/post_132.html
http://www.akibablog.net/archives/2006/01/2_19.html

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。