スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶摘みから始める、自家製手作り緑茶。
お茶の木の新芽。茶摘みだ茶摘みだ。 夏も近づく~♪
 目にも鮮やかなお茶の木の若葉の緑。
 ここは茶摘みといきましょう。

 茶摘みから始める、おうち緑茶。
 この間、京都・大原のベニシアさんのテレビ番組で作り方が紹介されていて「へー、お茶ってこんなに簡単に出来るものなのか」と。早速試してみることに。

※お茶の木を庭に植えている人は、探せば結構いるんじゃないかしら(花もそれなりに風情があるし)。知り合いに聞いてみたら案外見つかるかも。
 お茶の若葉を適量摘んだらまずはお鍋で2~3分蒸す。
 普通の鍋+普通の金属の蒸し皿で普通に蒸せばOK。

 お茶の葉がしんなりしたら、温めておいたフライパンの上に乗せて、粗熱が取れるまでゆっくり冷ます。
 手でさわれる位になったら、弱火のフライパンの上で、お茶の葉を揉みながらゆっくり水分を飛ばしていく。

 水分が飛ぶにつれて、青臭い葉っぱの匂いが急速にお茶の香りになってくる。「あぁ、お茶だお茶」みたいな。
 体積も大分減ってきた。
 全体がカサカサするまで水分が飛んだら出来上がり~。
 フライパンでの作業時間は10分弱位だったかな。わりとすぐ出来上がった印象。
 ちょうど急須一杯分くらいになりました。
おうちで作った手作り緑茶♪ 急須で淹れてみたら、
 うんうん、確かに緑茶!
 渋みのない、甘~いお茶になりました。
 新茶だからかな?
スポンサーサイト
カフェ・ノーツの”パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ”が、豆で購入できるように。
パナマ・ゲイシャ種(cafe notes[福井市]) カフェ・ノーツ(福井市)の「パナマ・ゲイシャ種」。
 事前予約が必要だけど、豆がお持ち帰りできるようになった。この味がおうちで楽しめる幸せ。

 100gで2,000円超えという超高級豆。身銭切りましたぜ。

 休日、ゆったりとした朝のモーニングコーヒー。
 おうちコーヒーで至福のひととき。

 味の傾向はかなり特徴あり。浅煎りの豆で、柑橘系の非常にフルーティな香り。苦味は、皆無と言って良い程に全くない。紅茶で言ったらキームンみたいな立ち位置。

 何だか「お高級なお豆ざぁます」みたいな感じで都会のマダム連に持て囃されるような想像がついて釈然としない感じもなくはないけれど、まあ仕方ないざーます(笑)。という訳で「コーヒー呑むならやっぱり苦味が欲しいさぁ」って方には少々肩すかしになるかも。

 でも、表面的には軽い印象のくせして、きちんと淹れ方がうまくいくと旨みも十分に出る豆だったりする所が憎いというか、高級な理由があるんだなと。コーヒーのネガティブな味を全て取り去って旨みだけを抽出したような味。結果、これまでで最高のおうちコーヒーになったのではないかと。

›› 続きを読む
cafe notes(福井市)の「パナマ・ゲイシャ種」(お正月限定)。
カフェ・ノーツ(福井市) カフェノーツとゲイシャ。この組み合わせの意味が分かる人だけ飲みに行ってもらえばいいです。

 すっげえ。
 すっげえ。
 飲んで、ため息。すっげえ。

 いくら希少価値とはいえ、「ゲイシャ種」などというイロモノじみた名前のコーヒー豆になぜここまでプレミアが付くのか痛いほどに思い知らされる、cafe notesの一杯。
 正月限定が何日までなのかは知らないけれど、気になる人は飲んでおいたほうが。本当に本当。

 「cafe notesが焙煎する」ゲイシャ種のコーヒー、という所に価値があるのですぜ。単に豆の入手というだけならお金を積めば何とかなるかもしれないけれど。

›› 続きを読む
コーヒー/焼肉 エンゼル(福井県坂井市)[※移転→エンゼルコーヒー]
エンゼル(坂井市丸岡町) 全く。
 世の中、こういう事があるから面白いのである。

 国道8号線沿い、坂井市丸岡町と福井市の境、福井大橋の北側の辺り。
 いまだに花札のテーブルゲーム機が現役で稼動している、いかにも昔の喫茶店という雰囲気が、奇跡的にそのまま保存されている店内。

 だが、コーヒーは紛れもなく本物。こういうお店はそうそうないわというレベル。信じ難いが本当なのだから仕方ない。
 こういう店がこれまで何一つ語られることがないというのは、不思議な感じがする。

 一見、どこのコーヒー屋でも味わえるようなシンプルな味わい。だが何というのか、ここのコーヒーは飲んでいて非常に落ち着く。豆から非常に心地良い旨味が引き出されているというか。店主の腕というか「色々やりましたけど、結局はこれに落ち着きました」的な経験の積み重ね感が半端ではないように感じる、手馴れたサイフォンの扱い。

 ブレンドと特定銘柄で味わいが全然違うというのも良い。
 ブレンドとモカマタリを飲んでみたが、管理人はモカマタリの方が好みの味。

 他にも、トーストを頼めばいかにも喫茶店らしい分厚いやつがきちんと出てくるわ、手馴れた手つきでさっと調理する玉子サンドがえらく美味かったりするわ。この店の深さは相当なものではないか。

›› 続きを読む
うみぼうず(カフェ) 石川県加賀市
うみぼうず(石川県加賀市) うみー。
 ちょっとひらけた、でも落ち着いた海の眺め。

 山の中を突っ切ったら急に海岸がひらけた、みたいな不思議な場所。近所の漁港っぽい空気感も少し感じる。
 ここは、加賀市でも福井との県境近く。それもえらい奥まったところ。
 行ったのが5月の終わりということもあってか、何だかマッタリした雰囲気をしばし楽しむ。

 海岸のすぐそば、絶妙な配置でポツーンと建っている「うみぼうず」。
 2階に上がった所がお店になっているのだ。

 大きく作られた窓から見える海の眺めは、海岸で直接眺めた印象と随分違う。
 「パノラマ」ってこういう感じだなーと。妙に納得。

 しかも、どの席に座っても、窓から離れた席に座っても、眺めが結構楽しめる。
 考えられたお店の作りだなーと。

 このお店、エスプレッソがどうも売りの一つみたい。
 エスプレッソの良し悪しは正直あまり分からん。割と好きなのに(泣)。
 が、いいレストランで時折出てくる、ちゃんと味のある濃いエスプレッソ、あれよりさらにコクもまろやかさもちょっとあるような気はする。

 ところで、エスプレッソを楽しむときに前半はブラックで、後半は溶けきれない位砂糖をぶち込む管理人。
 エスプレッソの濃い苦味には「目には目を」で砂糖。意外に合うと思うんですがね。どうなんですかねぇ。

›› 続きを読む
アロマハウス(紅茶) 福井市
 色々大変な世の中だ。政府のやることは全く見えないわ、福井への北陸新幹線の話も全く先が見えなくなるわ…

アロマハウス(福井市)アッサム 難しく考える人も、考えずにやり過ごす人も。
 とりあえず、お茶でも飲んで落ち着きませんか。
 アフタヌーンティってのも悪くない。
 ジタバタしたって仕様がないときもあるさ。

 アフタヌーンティというからには、やっぱり英国風にミルクティかね。茶葉はアッサムで。

 このお店でアッサム紅茶の味を覚えて「あーアッサムってなんて美味しい紅茶だろ」…って思って試しにスーパーでアッサム紅茶を買ってきてみたが、渋みが強い味で何か全然違ってた。つまり、このお店のアッサムが美味いのだ。

 本で見る限り、アッサムというのは非常に濃いお茶のように語られていて、完全にミルクティー前提のお茶のように語られているが、このお店のアッサムは必ずしもそうではない。ストレートで"えっ"と思わされるような、華やかな香りで渋みのない透明感のある味わいのアッサムを体験した。紅茶も、緑茶と同じお茶なんだなあと非常に感じさせる味わい。

 この薄味のアッサムを楽しめるのは、ティーポットの種類の関係か、どうも300円で注文できるお試しサイズ的な小さいティーポットでアッサムを注文した場合に限られるようだが…

 せっかくなので、ストレートのお茶をもう一杯。
 茶葉はスリランカの「ヌワラエリア」。件の300円のお試しサイズで。

 スリランカのお茶も、本ではパンチがある渋みのお茶というようなことが語られがちだが、いやいや。渋みはほとんどない。旨みや精妙な香りがきちんと感じられて素敵な紅茶。
 これも、ヌワラエリアが旨いというよりは"このお店の"ヌワラエリアが旨いってことなんだろう多分。

 福井市文京3丁目10-10
 定休:月曜
 喫茶は18:00で終了。

 ちょっと終わりが早いのが個人的に残念無念。
 以前から美味しいお店だとは言われてるみたいですね。伝え聞きですが。

| BLOG TOP | NEXT ≫


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。