スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッハ・コレギウム・ジャパン J・Sバッハ名曲コンサート(ハーモニーホールふくい 2013.2.17)
 2月のバッハ・コレギウム・ジャパンの福井公演、想像以上に素晴らしかった。

 節目の定期演奏会の直前とはいえ、まさか鈴木秀美(チェロ)や寺神戸亮(ヴァイオリン)まで来てくれるとは。コンマスに寺神戸亮、第二ヴァイオリンに若松夏美。完全に本気のメンバー構成。

 演奏も極上。管弦楽組曲第3番の整然とした、洗練された弦楽の美しさ。他の古楽演奏家のコンサートと比べてもさらに極上の仕上がり。カンタータの歌手もゲルト・テュルクやらペーター・コーイやらCDで見かける名前そのまま。福井でこんなメンバーで演奏が聴けるなんて本当にいいのかしらという感じ。一日中幸せな気分だった。あんなコンサートは何年に一度あることか。コンサート後のサイン会で、鈴木雅明氏とソロ歌手にサインをもらったCDが思い出の品。
スポンサーサイト
来週、ハーモニーホールでバッハ・コレギウム・ジャパンのカンタータが聴ける。今から楽しみ。
 来週は、ハーモニーホールでバッハ・コレギウム・ジャパンのカンタータが聴けるのだ。

 よりにもよって、教会カンタータ全曲演奏を達成する神戸・東京の定期演奏会の直前という非常に重要なタイミングで、福井で初のコンサート。プログラムにも一週間後の定期演奏会の曲目、カンタータ第30番、191番が含まれている。こんなタイミングで福井でバッハ・コレギウム・ジャパンが聴けてしまうなんて、恵まれたものだ。

 管弦楽組曲第3番に、鈴木雅明のオルガン独奏もあり(前奏曲とフーガ「聖アン」)。BWV191は「ミサ曲ロ短調」の「グローリア」の抜粋みたいなものなので、実質は器楽、声楽、合唱、独奏何でもありのバッハの名曲コンサート。

 数年前は、越前市文化会館で、客が60~70人とかいう会場で、バッハの「コーヒー・カンタータ」をピリオド楽器の生演奏(演奏者の小芝居付き)で楽しめるという、当時のコーヒーハウス的な雰囲気を感じさせる趣向の、都市部では考えられないような優雅なほっこりしたコンサートもあったし、偶然ではあるものの、福井では、ことバッハのカンタータについては怖い位に千載一遇の機会に恵まれているなあという思い。

トン・コープマンの新譜!バッハの「パルティータ」!
 ずっと待ち続けていた、コープマンのバッハの鍵盤曲の大作。
 何となく調べていたら、Amazonにリリース案内が出てた。よぉぉぉし。正月早々縁起がいいや。

J・S・バッハ:6つのパルティータ BWV825-830
トン・コープマン(チェンバロ)
(Challenge Classics)
 2000年のバッハ・イヤー頃、当時のワーナーミュージック(ERATO)のパンフレットに「パルティータ」「イギリス組曲」リリース予定と出て以降(その後、不景気だのリストラだの?で結局リリースされず。)、10年以上待っていたコープマンのパルティータ。

 バッハにしてはギャラントな傾向の作品(主旋律+伴奏、みたいなシンプルでホモフォニックな曲調)なので、コープマンの介入の余地は多々あり。「バッハのパルティータ」というと、演奏家の方々はみんな何か構えてしまうのか、糞真面目な演奏のCDが多すぎ。コープマンは、相変わらずジャラジャラと装飾過多な演奏をしてくれていることだろう。楽しみ楽しみ。

グスタフ・レオンハルトの思い出
 今月号のレコード芸術を見て、あのグスタフ・レオンハルトの訃報を知った。

 レオンハルトのチェンバロ演奏を、一度だけ聴きに行ったことがある。2009年5月の来日ツアー。5月10日の名古屋しらかわホールでのリサイタル。

 そもそも、それ以前のツアーから「最後の来日では」と噂されていた中でのツアー。生で聴ける千載一隅の機会、逃してなるものかという気持ちで足を運んだリサイタル。(実際には、最後から2番目の来日ツアーとなった。)

 この日聴いたレオンハルトの演奏は、この年齢にして辿り着いた最晩年の境地。想像以上に完成されていた。
 が、単純に「凄かったー」「楽しかったー」と無邪気に感想を述べられるような演奏ではなかった。むしろ…

「レオンハルトも、これを聴いている聴衆も、果たして、楽しんでいるだろうか?」

 聴いている最中はおろか、今に至っても繰り返し自問自答させられるような演奏。
 この日のことは、いまだ自分の中で消化できていないのが正直なところ。


 ※書きかけのままアップロードしちゃいました。続きは気が向いたら忘れた頃に書いてみるかも…
ピリオド楽器による、ストラヴィンスキー「火の鳥」。
・グラズノフ:バレエ音楽「ライモンダ」「四季」より、シンディング:東洋舞曲、アレンスキー:バレエ音楽「エジプトの夜」より、グリーグ:小妖精 Op.71-3(抒情小曲集より)、ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」全曲 (1910) フランソワ=グザウィエ・ロト指揮、レ・シエクル
 (musicales actes sud ASM06)
 何度も使い古された言葉だが、「ピリオド楽器演奏もついにここまできたか」と改めて思わされる演奏。非常に印象に残る1枚。

 冒頭のグラズノフから、弦セクションのノンヴィブラートが炸裂。これが聞いていて耳に非常に心地良い。
 徹底したノンヴィブラートはメインのストラヴィンスキーでも非常に効果的に働いていて、ピリオド楽器特有の超高解像度の透明感も合わせ、まるでシェーンベルクでも聴いているかのようなヴィヴィッドで生々しいショッキングな感覚。初演当時の聴衆の反応を想像してみたくなる。「カスチェイの凶悪な踊り」も、ピリオド楽器の疾走感に加え、激しいダイナミックレンジで迫力十分。打楽器がいい仕事。

 レベルの高い弦セクションを筆頭に、ここ10年位のピリオド楽器演奏の成果を一身に背負ったような素晴らしい快演。このCD、気の早い話だけれど、2010年代、今後の10年を代表するようなエポックメイキングな1枚ではなかろうか。多分。

 
トン・コープマン オルガン&チェンバロリサイタル(2010.11.13 ハーモニーホールふくい)
 いやー、昨日のコープマンのリサイタルは本当に堪能できた。

 こういう個性のある演奏家の場合、ライヴになると日によってどうしてもムラがあるんだろなと思われるんだが、この日のコープマンは随分調子が良かったと思う。

›› 続きを読む

| BLOG TOP | NEXT ≫


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。