スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
「相棒」、相変わらずいいよねぇ…
 今シーズンも話のクオリティ高かったな。あの重層的なストーリー展開を毎回続けられるのは本当に凄い。今シーズンもあと1回で終わってしまうのか…。3月20日からの「相棒展(めいてつエムザ)」もちょっと見てこようか、という位の勢い。
結局、ぐだぐだ。管理人も含め。
 政党政治の終焉…。

 と意味深に書いてみたが、まあちょっと格好良い文句を書き放ってみたくなったただけのこと。
 ともかく、時代の節目の停滞の中を生きている、という実感だけはある。

 何にせよ、今回立候補する当の候補者を除く"その他大勢"は、とにかくここ数年は(十数年になるかも)、いたずらに「誰かが何か助けてくれる」みたいな他力本願な期待はしないほうが良いってことだろう。すでに何年も以前からそういう状態なのだけど。

 「期待しない時代」というのは「クルーグマン教授の経済入門」の原著の題名だったっけか。結局、ちょっと遅れてアメリカと同じ路線を辿ってるっていうことか。アメリカではその後ネットバブルだとか金融工学がどうだとかいう流れになった訳だが、あれもなぁ、皆が幸せになったか?

 こういう時代は、まず自分で考える。新聞やテレビの煽り文句に不用意に耳を傾けない。一人で解決できないことは、数人で。この場合も、自分を含めて「自分たち」で考える…。そうやってとりあえず口にしてみるのは簡単なんだよな。まあ口にするだけでもいいさ。あまり難しく考えないほうが結果オーライかも。

ハンドルネーム変更のお知らせ。
名前なんて、あって無きもの…

ふと、草っていいなあ、と思った。
いっそのこと、名前、変えちゃおっか…と。

現実世界ではそう簡単に個人のレッテルは変えられぬ。
ネットでは何回目の変更になるだろう。いいさ。変えられるときに変えておくさ。

ということで、管理人「こも」改め、本日から「ゆきのした」と改名いたします。

名前なんて、あって無きもの…
大野市の源平酒造、民事再生手続開始…
10年で販売量40%も落ち込む 「日本酒離れ」で老舗次々破綻
 (2010.10.12 J-CASTニュース)

 …そうかあ。そうなのかあ。日本酒業界、相変わらず厳しいんだな。
 リカーワールド華のプライベートブランドのお酒を造っていて、お店もプッシュしていたので、蔵の名前は比較的目にする機会が多かったんだけれども。

 源平酒造のウェブサイトを見てみると、9月末の破産申請の後、現在は手続が民事再生手続に切り替わっていて、「再生に向けて努力していく所存」とのこと。民事再生手続なので、再生の望みもまだ残されている。

 正直、管理人が普段から購入している銘柄でないことは白状しておくけれど、1本試しに買ってみて、比較的穏やかな風味の良いお酒だとは思ってはいた。ディスカウントストアで強力にプッシュされているからといって、ここのお酒は決して安物を量産する手合の造りではない。これからどうなっていくのだろう…

西原理恵子「人生画力対決」vs里中満知子。ネットで生中継とは便利な時代だ。
 10月3日に京都国際マンガミュージアムで開かれた、西原理恵子「人生画力対決」。

 ニコニコ生放送で生中継されていて、わざわざ京都へ行かずとも自宅でごろ寝しながら最後までゆっくり楽しめた。

 ネット中継というのは初めて体験したが、特に動画が途切れるとかいったトラブルもなく、画質もその時限りで見る分には遜色なし。音声はかなり小さかったが。Ustreamでも生中継していた模様。便利な時代だのう。

 対戦相手の里中満知子氏の、大人で毒のあるしゃべり。良かったなー。

| BLOG TOP | NEXT ≫


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。